FC2ブログ

「深川安楽亭」を見て池袋居酒屋「ふくろ」へ

居酒屋探偵DAITENの生活  第7回  2007年1月27日(土)    【地域別】  【時間順】



「深川安楽亭」を見て池袋居酒屋「ふくろ」へ


   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。


池袋東京芸術劇場 青年座公演「深川安楽亭」観劇

 青年座の時代劇「深川安楽亭」を見るために、池袋・東京芸術劇場に向かう。「深川安楽亭」は山本周五郎の原作を小松幹生氏が脚本にした作品である。SAKURAが演出した青年座第104回スタジオ公演「COLORSⅡ~シャンソンと愛のモルナールあえ」に出演されていた青年座のベテラン俳優名取幸政さんが同作品に出演されている為、SAKURA、咲良舎の俳優創間元哉と共に観劇に駆けつけた。

 「深川安楽亭」は深川の運河に囲まれた場所にある居酒屋だ。といっても、気質の人間がブラリと寄れる店ではない。そこに出入りするのは無頼の徒ばかりである。冒頭のシーン、そこに現れた場違いな男の「俺は知ってるぜ、この店がどんな店か」という言葉に店中の人間が緊張する。秀逸な導入部である。

 「安楽亭」の主人幾蔵役の山本龍二さんの漂わせる「殺気」を楽しみ、やがて見せる「孤独」に胸が痛む。特に幾蔵の最後の台詞「一番話したいのはこの俺だ」が身にしみた。
 山本龍二氏とは青年座第61回スタジオ公演「東海道四谷怪談」の時に、終演後、酒席でご一緒したことがある。1990年8月であるから、なんと17年前である。
 登場する無頼の者たちは、とにかく酒を呑む、酒を呑みながら話す、喧嘩をする。江戸時代の話であるのに、抜け荷を扱っている所以か、幾蔵だけは赤ワインまで飲み出す。見ていて酒を呑みたくなった。
 終演後、名取さんとロビーでお会いして、酒席に来ていただく約束をする。

池袋の大規模大衆居酒屋「ふくろ」

 SAKURA、創間と共に向かったのは、東京芸術劇場の近くにある、池袋最大級の大衆居酒屋「ふくろ」である。「ふくろ」は3階建てのビルになっている。店に入って、4人であることを伝えると、上に上がるように言われる。1階には40人ほどは座れようかという「大カウンター」がある。階段を上がると、2階にも1階とまったく同じ「大カウンター」を発見。これは凄い。さては、3階も・・・と思いながら上がると、そこにはテーブルが数卓、その奥に座敷席があり、その座敷席に3人で座る。

 早速ホッピーを注文すると、焼酎の入った緑色のガラス徳利の1合ビン、サワーグラス、ホッピーの瓶、マドラー付きの氷入れの4種が出てきた。焼酎が190円。ホッピー瓶190円、併せて380円である。これはじっくりホッピーを呑める最高の組み合わせではないか。壁の短冊に「煮こごり」の文字を発見、大衆居酒屋で煮こごりに出会うことはあまりない。刺身などと共に注文する。
 この店のつまみは、焼き物、刺身、酢の物、煮物、天ぷら等何でもある。そして、どれも安い、その上、毎月8日はつまみ類が全品半額になるらしい。もつ煮込み400円が200円になるというわけである。さぞかし混むに違いない。

 店に入ったのが午後9時半を回っていたので、10時過ぎには揚げ物はラストオーダーとなった。急いで唐揚げを頼む。
 しばらくして、名取幸政氏がいらっしゃった。劇団概要によれば青年座は「1954年5月、当時、俳優座の準劇団員であった若者が、俳優座から別れて作った劇団」である。名取氏は1963年(昭和38年)の入団とのこと、青年座創世記のメンバーと言える。
 普段は無口で物静かな名取氏がこの日はよくお話をしてくださった。ベテラン俳優としての経験に裏打ちされたお話に感銘をうけた。
 池袋の駅で名取氏と別れ、山の手線に乗ったのは午後11時過ぎであった。

 青年座公演「深川安楽亭」に登場する男たちは孤独だった。絶望的な「孤独」の末に、小さな救いがあり、この物語は終わるが、男たちの「孤独」はさらに続く。
 「深川安楽亭」の無頼の男たちは、他に「安楽な場所」がない故に、そこに集まっていた。「深川安楽亭」の「安楽」とは、アイロニーとしての「安楽」であった。

 現代の居酒屋に集まる男たちもまた「孤独」を抱えている、その孤独を癒す為に酒を呑む。ただ酒を呑むだけならば、家でも呑める。見知らぬ同志が肩を並べ、時には黙ったまま、時には世間話に花が咲き、酒に酔い、味に満たされる。そして、勘定を払い、全員が確実に店を出て去ってゆく。そんな「立ち寄る場所」であるがゆえに癒されるのだ。人生に区切りをつける「句読点」、それが「居酒屋」の本質かもしれない。

 毎日のように行ける値段の安さ、誠実で飽きのこない味付け、押しつけがない接客、それらがきちんと揃った店は流行る。また行きたくなる。
 私にとっての「安楽亭」を探してまた歩く。死を迎える前日に、大好きな「居酒屋」に立ち寄ることが出来たとしたら、それはそれで本望といえる。

池袋 大衆酒場「ふくろ」 豊島区西池袋1-14-2
電話03-3986-2968
営業時間 平日07:00~24:00(2、3階16:00~24:00)日曜祝日07:00~23:00) 年中無休


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

コメント

非公開コメント

新岳大典

新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。
http://izakaya.daitenkan.jp/
2018.1より上記のURLとなりました。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。
2011.7よりfacebook参加
https://www.facebook.com/daiten.aratake/
2019.10よりnoteにエッセイや小説など執筆開始。


劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。

演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」
劇集団咲良舎公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式フェイスブックページ
ブログ「人間日和」
ブログ「楕円生活の方法」
等を運用中。

2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。

 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

FC2カウンター

地名タグ

↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

神保町 和田町 天王町 星川 二俣川 桜木町 日ノ出町 野毛 上大岡 黄金町 阪東橋 西横浜 大口 横浜 元住吉 綱島 保土ヶ谷 武蔵新田 新丸子 西谷 菊名 蒲田 平沼橋 吉田町 所沢 自由が丘 雪谷大塚 藤沢 戸部 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 王子 十条 山下 豪徳寺 世田谷 深川 

↑【新しく訪問した順番に表示されています】

ブログ内検索

居酒屋探偵団関連リンク

おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook

新岳大典作小説リンク

ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
「無料」で読めます。是非御一読ください。

月別アーカイブ

全記事表示リンク