FC2ブログ

武蔵新田 角打ち酒店「飯田酒店」第3回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第655回 2018年2月16日(金) 
【横浜市】 【池上線】 【その他】 【時間順】 【がっかり】 ←クリックしてみてください。


 武蔵新田 角打ち酒店「飯田酒店」 第3回


  ~ 地域社会にとって必要な場所 ~


  

  
     にほんブログ村 酒ブログ 神奈川・横浜飲み歩きへ   blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←新岳大典作小説無料公開中。「新岳大典」で検索してください。

 
 西日本では春一番が吹いたそうだ。梅の開花も始まっている。
 昨日は暖かい日和であったが今日は冷え込んでいる。まさに、三寒四温の始まりか。
 もう少しで、花見酒が話題となる季節がやってくる。
 
 酒屋さんの店内で飲ませてもらえる「角打ち」
 昔はどの街にも一箇所はそんな店があった。街工場で一日真っ黒になって働き、銭湯で汗と汚れを落として、その帰りに角打ちのできる酒店さんの店頭で冷たいビールやお酒をあおる。それは高度成長期の横浜、川崎、東京の下町では当たり前の風景だった。

 ところが、最近は各地からどんどん「角打ち」のできる酒店が無くなっている。
 町工場が無くなってゆく、労働者の働き方も変わってゆく。
 酒店を経営される方々も高齢化、さらに代替わりしてしまい、酒販の方法が変化して、コンビニエンスストアが増え、街の個人の酒店そのものも減ってゆく。昔、たくさんの町工場があり、実は昭和二十年代から三十年代は歓楽街でもあった武蔵新田。思いの外、居酒屋さんも多い。

 

 そんな武蔵新田に降り立ったのは、金曜日の夕暮れ時。東急多摩川線の武蔵新田駅の多摩川方面の改札を出ると、すぐ右手に踏み切りがあり、渡ってすぐの線路沿いの道を多摩川方面へ行くと、今日の目的の店、飯田酒店がすぐ右手にあった。
 前回、こちらのお店を紹介した第518回は、2013年5月であるから五年前、その前の第272回は、2009年10月で九年も前である。
 その後も時々寄らせてもらったが三年以上は来ていないと思う。久しぶりに店に入ってゆき、右手の薄暗いカウンターへ入ってゆく。奥の方に三人の人生の先輩たち。店の中央の大きなテーブルに一人。先客は四人である。お店のお母さんが笑いの輪の中から出てきて、私のところに寄ってくる。

 「何にしますか? お酒とか、ビールとか、サワーとか」
 「寒いですね」
 「昨日はけっこう暖かかったのにねえ」
 「お酒にしようかな」
 「温めますか?」
 「いいですね」
 「一杯目は温かい方がいいでしょう」と笑顔。

 お酒を温めていただく。
 ビアタンブラーにお酒が入り、少し大きめの皿にこぼしてある。
 一口飲む。良いぬる燗だ。

 お酒(二八〇円)。
 カウンターに千円札を置くと、お母さんがお札を持ってゆき、おつりを置いてくださる。

 少しお酒を吞んでから、お皿からコップへお酒をこぼさずに移す事ができた。
 そんな時、酒呑みは少しうれしくなる。

 お店のお母さんは変わらずお元気な様子。

 「あれ食べます?」と、常連の方にお母さんが聞く。
 「ああ、食べるよ」と常連の方。

 「だんだん、歳をとると、みんな、あれとしか言わないよね、あれとあれで通じるよね。」
 「あれとあれで通じますね」

 笑いが場に広がる。
 みんなで冬季オリンピックのテレビを見ている。スポーツは酒を飲む場の定番の話題。
 そして、角打ち定番の6Pチーズ(一〇〇円)をお願いする。
 飲み物はビール。缶ビールの一番搾り(三五〇円)にする。

 

 女性二人のお客様が登場。
 女性二人が角打、しかも水商売の方々ではない。
 昔は角打に来る女性はプロの方々であることは定番だった。
 それが今は違う。普通に二人で来て、普通に呑んで話している。

 諸先輩のおじ様たちも楽しそうだ。
 そして、さりげないお母さんの気配りが凄い。

 そこへ、一人の男性が入ってきた。煙草が欲しい様子だ。
 だが、何も言わない。タバコを指差している。
 奥の方からお母さんが出てくる。男性はお金を渡して何も言わず出て行った。
 
 「何か一言、言えばいいのにねぇ・・・話せるのに」と笑っている。
 「そうですねぇ・・・話すのが面倒なんでしょう」

 ちょうど良いので、揚げ塩落花生(二〇〇円)をお母さんにお願いすることにした。

 「揚げ塩落花生ください」と私。

 何かのついでに自分も頼む。これは酒場での気づかいである。

 お母さんが揚げ塩落花生をお皿にあけてくれた。美味しい。
 お酒がすすんでしまう。
 三杯目は宝焼酎ハイボールシークァーサー(三三〇円)を頼んだ。

 

 私を含めて店内のお客様は八名となった。
 池上本門寺様近くの池上梅園の噂。
 そして、お店のお客様同士の噂話は、知らない人の話でも面白い。

 「俺にしゃべる隙を与えないうちのカミさんはなんだろう」とおっしゃる方。爆笑がおこる。前後を聞き逃したが面白い。

 そして、話題は介護と医療。
 早い時間からやっている酒場はデイサービスであると私は思う。
 人と人の交流の場である。
 「孤独死を防ぐ拠点が居酒屋やスナックである」という意見があるが賛成だ。
 お母さんは一人一人とコミュニケーションをとってくれる。
 その気づかいが素晴らしい。
 ここは地域社会にとって必要な場所である。

 三人の先輩たちがひやおろし四合瓶をあけた。
 銘柄は見えない。
 それぞれのお酒のうんちくを話しておられる。楽しそうだ。
 諸先輩の方々の赤い顔が可愛い。

 午後六時から七時までぴったり1時間の滞在。三杯二品で一二六〇円であった。



武蔵新田 角打ち「飯田酒店」
住所 東京都大田区矢口1-7-18
電話 03-3758-2405
定休日 ?
営業時間 夕方から~
交通 東急多摩川線武蔵新田駅下車徒歩30秒。




 「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

 演出家守輪咲良の劇集団「咲良舎」と演技私塾「櫻塾」

 街の手帖については、コトノハ/街の手帖編集部へ。




新岳大典

新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。
http://izakaya.daitenkan.jp/
2018.1より上記のURLとなりました。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。
2011.7よりfacebook参加
https://www.facebook.com/daiten.aratake/

劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。

演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」
劇集団咲良舎公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式フェイスブックページ
ブログ「人間日和」
ブログ「楕円生活の方法」
等を運用中。

2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

FC2カウンター

地名タグ

↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

天王町 横浜 西横浜 保土ヶ谷 武蔵新田 新丸子 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 平沼橋 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

↑【新しく訪問した順番に表示されています】

ブログ内検索

居酒屋探偵団関連リンク

おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook

新岳大典作小説リンク

ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
「無料」で読めます。是非御一読ください。

月別アーカイブ

全記事表示リンク