FC2ブログ

保土ヶ谷 スタンディングバー「あるこーるすたんど」第2回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第656回 2018年2月25日(日) 
【横浜市】 【池上線】 【その他】 【時間順】 【がっかり】


 保土ヶ谷 スタンディングバー「あるこーるすたんど」第2回



  ~ 芸術酒場は日本酒銘柄が豊富に進化  ~



  
    にほんブログ村 酒ブログ 神奈川・横浜飲み歩きへ   blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←新岳大典作小説無料公開中。「新岳大典」で検索してください。

 
 日曜日の午後四時半、様々な用事を済ませて向かったのは、JR保土ヶ谷駅東口の国道1号線(東海道)に面した東側沿いの【保土ヶ谷東口商店会】である。そのほぼ中央辺りに目的の店、スタンディングバー「あるこーるすたんど」はある。
 前回紹介した第642回では、2016年3月5日(日)2016年4月1日(土)の二回の訪問を記事にしていた。

 入口にかけられた暖簾に、「あるこーるすたんど」という実にストレートで解りやすい店名が書かれている。

  

 お店の外の赤提灯には「ふりーすたいるぎゃらりーAPG」とある。実は二階・三階は店内奥の階段から上がれる【ギャラリー】になっていて、様々なアーティストの作品を「あるこーるすたんど」の来店者は見ることが出来るのだ。

 

 暖簾をくぐって中に入る。右手に余裕をもって作られたL字カウンターがある。今日はカウンターの中にはマスターお一人だった。
 沖縄料理に特化した、泡盛、ビール、焼酎、日本酒など様々なお酒を楽しめる立ち呑み店であったけれど、地元の常連客の方々から「最近は日本酒に力を入れ、刺身が豊富になっていますよ」と聞いて、ずっと来店してみたかった。

  飲み比べセット(一〇〇〇円)を楽しみに来たのである。お酒(六〇ミリ)三杯と何種類かのつまみから一品選んで一〇〇〇円は日本酒好きにはお徳だ。

 「最近は日本酒に力をいれてまして、刺身とか日本酒に合うツマミもあります。」とマスター。
 「さっそく、飲み比べセットお願いします。」と私。
 「日曜と火曜は私一人体制なので刺身が無い場合が多いんですけど、今日はあります、今日の飲み比べセットの刺身はカンパチかイナダのなめろうです」
 「じゃ、イナダのなめろうで」

 今日の日本酒のみくらべセットをお願いする。静岡の磯自慢酒造磯自慢 本醸造 しぼりたて、山形の麓井酒造麓井 純米本辛 圓(まどか)、新潟の松乃井酒造場SUPER HONJOZOUの三種、各六〇ミリのグラスが三杯で提供される。
 日曜と火曜は、マスター一人なので刺身類は提供しないのだけれど、今日はカンパチイナダなめろうから選べるとのこと。セット以外のお刺身は全て三〇〇円と手ごろな値段である。

 

 天王町の時間限定角打「福屋尾崎商店」でお会いする酒友「酒四天王」のお一人、KK氏からマスターに連絡が入ったらしく、これからいらっしゃるとのこと。楽しみが増えた。

 奥のテレビはアニメのがずっと流れている。皆さん真剣に見ている。
 考えてみれば、アニメ日本酒は我が国の貴重な輸出品である。
 二階のギャラリーに上がってみた。初めて来店した時は開店まもない時期で、二階、三階は工事中で、階段上からのぞかせてもらっただけだった。現在はちゃんとしたギャラリーとして機能。作品を見せていただいた。

 

 「あるこーるすたんど」のことも含め、詳しい経緯はホームページ「APG FREESTYLE」に書かれているのでそちらをごらんいただきたい。

 

 店内には、「撮影OK」という表示があり、「SNSシェア歓迎」とも書いてあった。

 

 さて、ギャラリーを見させてもらい、一階にもどると、しばらくして、KK氏がいらっしゃった。

 近隣のお店のことなど、いろいろと情報交換をする。
 KK氏のお酒との付き合い方には感心させられる。いつも笑顔で楽しそうに飲まれる様子。

 セットの後は、秋田の福禄寿酒造一白水成 特別純米酒(四〇〇円)。九十ミリである。
 通称いっぱく白ラベルとのこと。特別純米酒という言葉に弱い私である。美味しくいただいた。

 
 
 本当は帰ろうと思っていたのであるが土佐の酒、美丈夫が気になってついつい頼んでしまった。
 土佐の高知の濵川商店美丈夫特別本醸造(三〇〇円)。美丈夫(びじょうふ)の文字を酒場で見ると頼んでしまう銘柄だ。

 土佐(高知県)出身で、四万十市を舞台にした映画「あらんど四万十~カールニカーラン~」の主演俳優で高知県の観光大使である俳優西村雄正さんから美丈夫一升瓶三種三本を差し入れしてくれ、西村雄正さんと一緒に劇団のみんなと飲ませてもらったことがある。美丈夫の酒瓶を見つけるとその時の楽しい酒盛りを思い出すのだ。

 

 酒ともKK氏とお会いできて、酒と近隣酒場の噂話でついつい長居してしまった。
 午後四時半から六時二十分まで二時間近くいた。常連の皆さんに挨拶をして失礼した。
 
 久しぶりに来店した【芸術酒場】は、日本酒の銘柄が豊富になって進化していたのであった。
 日本酒はわが国の芸術作品である。
 また、保土ヶ谷駅東口に足が向いてしまうに違いないのである。


スタンディングバー「あるこーるすたんど」
住所 横浜市保土ヶ谷区岩井町53
電話 045-315-4563
定休日 無休
営業時間 月曜~金曜 17:00~25:00 土曜日 13:00~25:00 日曜日 13:00~24:00 
交通 JR保土ヶ谷駅東口から徒歩2分




 「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

 演出家守輪咲良の劇集団「咲良舎」と演技私塾「櫻塾」

 街の手帖については、コトノハ/街の手帖編集部へ。




新岳大典

新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。
http://izakaya.daitenkan.jp/
2018.1より上記のURLとなりました。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。
2011.7よりfacebook参加
https://www.facebook.com/daiten.aratake/

劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。

演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」
劇集団咲良舎公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式フェイスブックページ
ブログ「人間日和」
ブログ「楕円生活の方法」
等を運用中。

2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

FC2カウンター

地名タグ

↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

天王町 横浜 西横浜 保土ヶ谷 武蔵新田 新丸子 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 平沼橋 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

↑【新しく訪問した順番に表示されています】

ブログ内検索

居酒屋探偵団関連リンク

おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook

新岳大典作小説リンク

ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
「無料」で読めます。是非御一読ください。

月別アーカイブ

全記事表示リンク