FC2ブログ

横浜 角打「キンパイ酒店」(1階店舗復活)

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第665回 2018年11月6日(火)  【地域別】 【時間順】 【池上線】 【がっかり集】


 

 横浜 角打「キンパイ酒店」(1階店舗復活)


  ~ まるで時間が止まったような場所 ~

 

    にほんブログ村 酒ブログ 神奈川・横浜飲み歩きへ  

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←新岳大典作小説無料公開中。「新岳大典」で検索してください。


 店主の方が病気療養中となり、さらに、お亡くなりになられて、合わせて3年近く休業されていた「キンパイ酒店」さんが少し前に店を再開したと聞いた。
 横浜駅で降りて、JR南改札口を出てからみなみ東口方面へ歩き、階段を上がって、みなみ東口から地上に出ると、右手に横浜中央郵便局がある。そして、道の向こうには崎陽軒本店の立派な入口が見えた。崎陽軒本店のビル脇を歩いてゆく。すると、左手にキンパイ酒店ビルがあるのだ。
 前回の第610回に紹介した時は閉まっていたシャッターが開いていて、ビル1階のキンパイ酒店に入ることが出来るようになっていた。

 

 ふと、見上げれば洒落たイラストが大きく描かれた看板。
 看板の下の部分に小さく株式会社キンパイ酒店と書いてある。

 

 店内に入ると、左手から奥にかけてカウンターのような台がある。しかし、そこはいわゆる立ち飲みカウンターではない。台の上にダンボールがかぶせてあって、そこに飲み物を置いて吞んだりしてはいけないのである。間違えて置くと注意される。
 お酒を右手の冷蔵庫の中から選んで、左手の台のレジへ持ってゆき、レジに立つ男性の方の前に置く。つまみ類はレジ脇に置いてあるので、そこから選んで買うのだ。

 まずは、タカラ焼酎ハイボール(二五〇円)、さつま揚(九〇円)、チーズかまぼこ(一〇〇円)を購入。

 入口の辺りへ缶とつまみを持ってゆく。樽の上に、かなり古い書き込みがあった。

 「ここは禁煙です。タバコは店奥で」と書いてある。

 昔から分煙だったようだ。 

 

 タカラ焼酎ハイボールを開ける。「プシュ」という良い音がすると、一日の仕事で張ってしまった気持ちが弛むのである。のどをうるおし、店内を見回す。

 角打酒店「キンパイ酒店」は面白い注意書きが店内にたくさん貼ってあるお店として有名であった。

「酒店は酒の味を確かめるところ。ダラダラぐずぐずするところではない。生活時間を大切に」とか、
「おしゃべり、なが居は喫茶店でやってくれ! 1時間で熱海まで行ける時代だよ」

 といった紙がたくさん店内に貼ってある。このことは、第610回【「横浜 角打 「キンパイ酒店」(居酒屋クラーテル内)~休店中の老舗角打酒店は店主のお嬢さん姉妹によって継続されていた~】の記事に書いたことでもある。

 上記のような面白い客への指示を探して壁を見ているうちにみつけたのは、次のような言葉だった。

 「ちょこちょこ 休んでゴメンナサイ 丈夫で長もちするために 家も車も手入れ第一、まだまだ、いけるぜ!」
 
 

 店主が病気になって、時々お店を休むようになり、そのことを謝っている言葉であろう。
 それを見て、会ったことのない、もはや会うことの出来ない店主の人柄を知ることができたように思え、心が動かされる。
 キンパイ酒店の店名の由来であろう「金盃」の大きく黒く汚れた文字に時を感じた。

 

 「酒店では、グッとのみほし、グッとバイ、お互い、きもちよく」の言葉。勉強になるのだ。
 
 その言葉につられたように、二杯目は、日本酒、金盃ゴールドカップ上撰(二九五円)を買った。

 壁の時計も止まったまま、カレンダーもずっと前からそのままになっているようだ。
 まるで、時間が止まったようであるとはこのことである。

 三杯目は、北海道生搾り(一九五円)、つまみは、チーズあられ(八〇円)にした。

 

 長居は無用。亡くなった店主に怒られる。

 酒三杯、つまみ三品、値段は一〇一〇円。いわゆるセンベロである。 
 午後六時三〇分から七時十分まで四〇分ほどの滞在。
 
 まるで、昭和博物館のような店内の様子が何よりのつまみだ。



横浜 立ち飲み・角打 「キンパイ酒店」
住所 神奈川県横浜市西区高島2-13-6 キンパイ酒店ビル1F
電話 045-441-8514
定休日 日曜
営業時間 16:00~21:00
交通 JR京浜東北線横浜駅東口徒歩1分/東急東横線・みなとみらい線横浜駅東口徒歩1分/京浜急行線横浜駅東口徒歩1分/相鉄線横浜駅東口徒歩1分。



 「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

 演出家守輪咲良の劇集団「咲良舎」と演技私塾「櫻塾」

 街の手帖については、コトノハ/街の手帖編集部へ。



新岳大典

新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。
http://izakaya.daitenkan.jp/
2018.1より上記のURLとなりました。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。
2011.7よりfacebook参加
https://www.facebook.com/daiten.aratake/
2019.10よりnoteにエッセイや小説など執筆開始。


劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。

演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」
劇集団咲良舎公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式フェイスブックページ
ブログ「人間日和」
ブログ「楕円生活の方法」
等を運用中。

2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。

 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

FC2カウンター

地名タグ

↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

二俣川 野毛 桜木町 日ノ出町 上大岡 黄金町 阪東橋 西横浜 天王町 大口 横浜 元住吉 綱島 保土ヶ谷 武蔵新田 新丸子 西谷 星川 菊名 蒲田 平沼橋 吉田町 所沢 自由が丘 雪谷大塚 藤沢 戸部 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

↑【新しく訪問した順番に表示されています】

ブログ内検索

居酒屋探偵団関連リンク

おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook

新岳大典作小説リンク

ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
「無料」で読めます。是非御一読ください。

月別アーカイブ

全記事表示リンク