FC2ブログ

二俣川 やきとり処「い志井」二俣川店

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第671回 2019年7月20日(土)   【横浜市内地域別】  【時間順】 【池上線】 【がっかり集】
 

 

 二俣川 やきとり処「い志井」二俣川店


  ~ 頑固おやじのもつ焼きは凄かった ~



      にほんブログ村 酒ブログ 神奈川・横浜飲み歩きへ  

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←新岳大典作小説無料公開中。「新岳大典」で検索してください。


 
 最近の居酒屋訪問のパートナーであるハマのハマちゃんと二人、土曜日の午後に吞みましょうということになった。
 
 「ハマちゃん、もつ焼き好きだよね」
 「ええ、大好きですよ」
 「それじゃ、今まで二人では行ったことの無い街に行きましょう」
 「どこですか」
 「二俣川です」
 「おお、たしかに吞みに行ったことないですね、何時に待ち合わせますか」
 「それでは、二俣川の改札で午後三時半に・・・」

 相鉄線に乗り、二俣川で下車。早めについてしまったので、二俣川駅周辺の変化に驚きながら新しくできたジョイナステラス二俣川の中を少し歩いてまわった。横浜まで急行や特急に乗ってゆかなくても食べ物やファッション関係なら買い物を済ませることができる。
 二〇一九年十一月三十日から相鉄本線の西谷駅(横浜市保土ケ谷区)と羽沢横浜国大駅(同・神奈川区)を結ぶ長さ2.1kmの新線、相鉄・JR直通線が開通。二俣川から新宿まで四十四分で直通で行く事ができる。二俣川はますます栄えてゆく可能性が高い。

 改札口に戻るとほどなくハマのハマちゃんが登場。
 そのまま、駅北側の地区を目指す。駅と続いているショッピングビル相鉄ライフ二俣川へ行き、ビルとビルをつなぐ連絡橋を渡って、ドンキホーテが入っているビル、アルコット二俣川側へ渡って、そのままビル脇の通路を通り、ビルの裏側に出た。
 その辺りには飲食を中心とした商店街が広がっている。名づけて二俣川銀座商店街=通称二俣川フォルテ。全国にある「銀座」が二俣川にもあったのだ。

 まだ、本日の目的の店の開店まで間があるので、商店街の中の一軒の居酒屋に入って時間調整をした。
 三十分ほど吞んで、目指すお店に行く為、さきほどのアルコット二俣川の裏階段に戻る。

 駅から来たならその裏階段を下りてから左へ歩いていただきたい。ゆるい坂道を登り、ぶつかったT字路を右に曲がって少し行くと、右手に目的店、やきとり処「い志井」二俣川店があった。
 
 

 白地に【やきとり処「い志井」】と大書された、横長の暖簾が凛々しい。

 ホームページを見るとこんな風に書いてある。

 「頑固おやじがやき台から目をひからせているお店です!」

 一九五〇年に東京中野で四人席のみの立ち飲み屋台として創業した『もつやき処い志井』。現在は三十店舗以上、十五の業態のある飲食チェーン店となっている。
 その中でも本筋といえるもつ系の八店舗の一つが本体の調布市から離れたここ二俣川にあることはずいぶん前から知っており、過去に二回ほど訪問している。

 たまたま、女性の方が焼き台の前に立っていて、その頑固おやじさんのお姿を見られなかったのである。暖簾をくぐり、入口を開けて中に入ると、まさに頑固おやじ然とした方が焼き台の前に立っておられた。
 左手から始まり店の中央で折れて、手前から店奥へと続く十五人ほどが座れるL字カウンターの中央角あたりにハマのハマちゃんと二人座った。

 うまいもつ焼きをとにかく楽しみ、軽く吞んでサクッと出るという方針。
 まずは、キリンラガー大瓶(六五〇円)を注文、二人で何を食べるかを検討、一期に頼むことができた。
 目の前の焼き台の頑固おやじ氏がいろいろと周囲に支持をしながら炭を見ている。
 
 「今日は飲み物は軽く、もつ焼きに集中して楽しみましょう」
 「賛成です。」
 
 まず、最初にやってきたのは牛ハラミ串(四五〇円)が二本。
 いきなりスター登場である。これがうまい。
 完全に心をつかまれてしまった。

 「うまいですね、最初からこれですか」とハマのハマちゃん。
 「やられたね」と私。

 

 そして、次に来るのは、レバ(一五〇円)が二本。
 今回はすべて塩にしていただいた。歯がサクッと肉に入ってゆく、歯ざわりさえ心地よいレバである。

 

 そして、かしら(一五〇円)である。三種連続でうまい。

 

 次々と食べてしまい、ビールの次の二杯目はバイスサワー(四五〇円)にした。バイスが楽しめるのはうれしい。 ハマのハマちゃんは緑茶サワー(四五〇円)。
 
 

 小休止のポテトサラダをいただき、話をする。
 この後にやってくる部位の凄さをまだこの時点で我々は知らない。

 

 さて、やってきたのは、チレ(一五〇円)。チレとは脾臓(ひぞう)である。
 
 「このチレすごいですね」
 「いつも近所で食べているチレと別物です。」

 我々新岳大典ハマのハマちゃんの二人はこのチレを完全に舌に記憶してしまった。また、食べたい。

 

 最後は、ピートロ(三〇〇円)。

 ピートロは豚トロと同じ部位。豚の頬から肩の首の部分。
 トロのように脂身があって美味いので豚トロ。さらに、豚は英語だと「PIG」「PORK」と表記されるので、頭文字の「P」トロを合わせてピートロとのこと。

 

 最後まで肉の美味さを堪能させてもらった。今回はシンプルな肉そのものの味を楽しませてもらったけれど、様々な野菜きのこと組み合わせた焼き物もいろいろある。
 さて、お勘定である。二人で税込み五八六四円。この時点では消費税は八%である。
 開店の午後五時から五時四〇分まで、なんと、わずか四〇分の滞在であった。一期喰いである。

 「また、来ましょう」
 「ぜひ」
 「仲間たちにも声をかけましょう」
 「ぜひ」

 一期に食べ、飲み、さっと出てしまったので、もう少し吞みたいということになり、じぃえんとるまん二俣川店さんに寄って、ハマのハマちゃんと二人、今たべたもつ焼きのラインナップを振り返った。

 


二俣川 やきとり処「い志井」二俣川店
住所 神奈川県横浜市旭区二俣川1-48
電話 045-365-5300
定休日 年中無休
営業時間 17:00~23:00
交通 相鉄線二俣川駅北口より徒歩3分
 


 「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

 演出家守輪咲良の劇集団「咲良舎」と演技私塾「櫻塾」

 街の手帖については、コトノハ/街の手帖編集部へ。



新岳大典

新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。
http://izakaya.daitenkan.jp/
2018.1より上記のURLとなりました。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。
2011.7よりfacebook参加
https://www.facebook.com/daiten.aratake/
2019.10よりnoteにエッセイや小説など執筆開始。


劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。

演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」
劇集団咲良舎公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式フェイスブックページ
ブログ「人間日和」
ブログ「楕円生活の方法」
等を運用中。

2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。

 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

FC2カウンター

地名タグ

↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

二俣川 野毛 桜木町 日ノ出町 上大岡 黄金町 阪東橋 西横浜 天王町 大口 横浜 元住吉 綱島 保土ヶ谷 武蔵新田 新丸子 西谷 星川 菊名 蒲田 平沼橋 吉田町 所沢 自由が丘 雪谷大塚 藤沢 戸部 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

↑【新しく訪問した順番に表示されています】

ブログ内検索

居酒屋探偵団関連リンク

おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook

新岳大典作小説リンク

ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
「無料」で読めます。是非御一読ください。

月別アーカイブ

全記事表示リンク