FC2ブログ

代々木青年座~渋谷「大戸屋」 そして、世間は狭い

居酒屋探偵DAITENの生活  第12回  2007年3月4日(日)   【地域別】  【時間順】



代々木青年座~渋谷「大戸屋」 そして、世間は狭い


   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。



代々木青年座「空の耳-Big me を探せ-」 

今日はSAKURAと共に、代々木の青年座に向かった。
青年座研究所本科32期生実習公演「空の耳-Big me を探せ-」(作=永井愛 演出=黒岩亮)を見るためである。S.A.P.のメンバーで、咲良舎ランチシアター「愛のモルナールあえ2」に出演した木村夕佳は、現在、同研究所に所属しており、今回はその舞台姿を見るために「青年座劇場」に来たのである。「VOL.003 横浜でブロードウェイを思う」に登場した咲良舎の俳優創間元哉とも一緒になった。他にS.A.P.のメンバーが数名来ていた。

 S.A.P.のメンバーから様々な有名劇団や大劇場の養成機関に入る者も多い。逆に有名劇団に所属していて、S.A.P.のメンバーとなっている者もいる。S.A.P.は養成所ではない、メソード演技を学びたい俳優の為の演技のクリニックのようなものであるから、このような現象も当然といえば当然である。同時期に学んでいるメンバーの年齢差が30歳ほどというのも、いわゆる俳優養成所とは異なる存在である証拠かもしれない。

「空の耳~Big meを探せ」は、1992年7月9日~14日に下北沢本多劇場で二兎社の第19回公演として上演された作品である。もちろん作・演出は永井愛さん。出演者の中にご自身の名前もある。青年座が1997年に上演した「見よ、飛行機の高く飛べるを」では、永井愛さんは文化庁芸術祭大賞を受賞されている。この時の演出が今回の実習公演の演出をされた黒岩亮氏である。

 今回は研究生の実習公演としての無料公演であったが、十分に楽しめる内容であった。3グループ総勢50名近くの研究生を出演させ、作品としてまとめてしまう黒岩亮氏の力量を感じることができた。
 豪華客船上で行われる「自己啓発セミナー」に集まった13人の男女の葛藤を描いてゆく群像劇である。もちろん永井愛さんの台本であるから喜劇である。笑うべきシーンはたくさん用意されている。上演時間は前半1時間30分、後半1時間55分であるから、3時間半近くの大作である。その大半を占めるのが日系三世の講師テリー(鎌倉哲也)とアシスタント純代(木村夕佳)が受講生達に対して行う「エクササイズ」である。その分量の多さからか、見ている観客は、時間と空間の感覚が麻痺してきて、まるで本当に自分が「自己啓発セミナー」の見学をしているような気になってくる。
 実は20年程前に、私自身も上海までの客船内で実施される7日間の研修旅行というものに、会社命令で参加したことがある。客船という閉鎖された空間で、朝早くから夜遅くまで団体行動を強いられながら勉強をさせられるというのは、普通の状況ではない。そんな状況の中、人がどんな精神状態になってゆくか、ということを身をもって体験した。船酔いという理由で船室からまったく出てこない参加者もいた。翌年の参加者の中から入水自殺をした者が出て、船が丸1日同じ場所を周回しても死体が見つからなかったということもあった。ゆえに、この登場人物たちの気持ちはとても解るのである。

 木村夕佳は、過去にこの「自己啓発セミナー」を受けて開眼。BiG Meを見つけて生まれ変わり、この「セミナー」のアシスタントとなったという女性の役を演じている。
 どこまでも強く、したたかで、自信に満ちている。よくある表現を使って評すれば、「木村は信者役を圧倒的な存在感で演じていた」と言える。「カルト信者」の持つ「過剰さ」をよく表現していて、こういう「カルト信者」はいるなと信じさせてくれた。
 全員の前で美味しそうな食べ物の話をして、その食べ物を食べたくなりましたか? と講師に問われ、食べたくなった人間の数を競うというエクササイズのシーン。模範演技としてそれをやってみせ、本当に美味しそうな気持ちにさせてくれた。
 今回は、木村夕佳のもっている「表」の部分が十分に生かされたキャスティングであった。全員を引っ張ってゆく役柄をきちんとやって見せたと思う。さらに、人物の裏側の怖さをもっと表現できればと思う。

渋谷「大戸屋」にて

 青年座を出ると、SAKURAと創間と3人で渋谷まで歩いた。
 創間元哉は3月末に客演で芝居に出る。その稽古が午後7時からあるという。つまり酒が呑めない。稽古前に食事をとりたいというので、大戸屋センター街店に入った。ここは2階が喫煙、3階が禁煙と完全に分煙化されている。我々は3階に行った。なんと24時間営業である。
 大戸屋のホームページによれば、大戸屋は昭和33年1月、「創立者である先代社長三森栄一が、東京・池袋(現在の池袋東口店)に、「大戸屋食堂」として開店したことに始まる。 当初、先代は、「全品50円均一」と いうユニークな経営手腕を打ち出し、連日千人を越すお客様の支持を受け、「50円食堂」という愛称で親しまれる。」という。

 私もこの池袋の「大戸屋食堂」で20年以上前に何度も食事をしたことがある。学生やサラリーマンでいつも混んでいた。しかし、今の大戸屋のように女性が1人で入ることの出来るような雰囲気ではなかった。昼間から酒を呑んでいる職人風の親父がいた。その名残なのか、今でもビール、日本酒、缶酎ハイなども置いていて、居酒屋代わりに使うことも出来る。
 ある時、午前中の葬式に出席した帰り、お清めをする店に困って、高田馬場の大戸屋でSAKURAと呑んだことがあった。その時は今のようなしゃれた感じではなく、定食屋らしい雰囲気が残っていた。廻りにも同じようなことを考えている中年親父のグループが何組かいて、昼から酒盛りをしていた。

 今日は、つまみとして、野菜と豚の黒酢炒め単品(546円)と牡蠣フライ単品(598円)を頼み、創間元哉はロースとんかつ定食(714円)を頼んだ。SAKURAはキリン一番搾り生ビール(435ml 430円)を、私は冷酒 (180ml 420円)を頼んだ。
 他に酒類はキリン一番搾りミニ生ビール(200ml 210円)、日本酒一合(367円)、ワイン赤・白(90ml 189円)、キリンチューハイ氷結 レモン・梅(252 円)等がある。
 
 安いといえば安い。ただし、私が行くディープ系居酒屋に比べれば高いとも言える。いずれにしても、定食を食べる人が主であるから、長居をする店ではない。追加注文の度にレジに行かなければならないのもわずらわしい。さっと呑んで帰るならば立ちのみ店をおすすめする。しかし、酒を呑む場所として「大戸屋」という選択肢もあることは確かである。

咲良舎俳優〈創間元哉〉出演舞台情報
     

mosipan-thumbnail2.jpeg
 創間元哉が客演する芝居の情報は下記の通り。
THE PAR★KING AREA 第1回公演【もしもパンティになれたなら・・・】
作・演出=笠井健夫 出演=荒井めぐみ、創間元哉、原田麻由、足立信彦、大瀧公三
日時 3月28日(水)19時30分開演 3月29日(木)14時開演/19時30分開演
場所 新宿ゴールデン街劇場 東京都新宿区歌舞伎町1-1-7マルハビル1F
料金 ¥1,500(全席自由)チケット取扱・お問い合せ 代表090-9230-4964
※ご希望の方は咲良舎までメールでご連絡ください。取りまとめて創間元哉に連絡します。
創間元哉のブログ「くそガキ日記」で公演情報やゴールデン街劇場の地図なども見ることができる。

そして・・・世間は狭い

上記の情報をさくらの便りに掲載してから、ひとしきりネットサーフィンをしていて、ある事実を知り、とても驚いた。
 今回の芝居の創間元哉の共演者の中に女優原田麻由さんがいる。
 当ブログの2007年1月12日(金)の「VOL.004 中目黒 源~都立大学 最上そして役者の街」の回に登場したのは都立大学の居酒屋「最上」。そのご主人の息子さんが主催する劇団パラノイアエイジの公演、シアターVアカサカ「平将門 傀儡徒夢(たいらのまさかど~くぐつのあだゆめ)」に、この原田麻由さんが出演されていたのである。チラシを見た時はもちろん気づかなかった。今日、ネット上に公開されているそのチラシのpdfファイルを見て気づいたのである。
 たまたま、私たちの話を聞いていたご主人の方から、自分の息子が主催する劇団の公演の話を始めた。その芝居に出ていたギルドB所属の女優原田麻由さんと、咲良舎所属の俳優創間元哉が次の作品で共演することになっていたのである。世の中狭い。 偶然か必然か、「うちの創間をよろしくお願いします」という気持ちである。都立大学の「最上」にもまた行きたいと思う。
 しかし、題名がすごい「もしもパンティになれたなら・・・」。創間元哉の怪優ぶりを見たいものである。
 場所が「新宿ゴールデン街劇場」であるから、芝居の帰りには、OZAKI先生やJIN隊長と行くゴールデン街の「原子心母」や「スローハンド」等へ寄ってしまうに違いない。「原子心母」ではホッピーが飲める。当然飲んでしまうに違いない、いや、これは必然である。


渋谷 大戸屋・渋谷センター街店東京都 渋谷区宇田川町30-3梅よしビル2・3F 03-3476-1128 無休・24時間営業

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

コメント

非公開コメント

新岳大典

新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。
http://izakaya.daitenkan.jp/
2018.1より上記のURLとなりました。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。
2011.7よりfacebook参加
https://www.facebook.com/daiten.aratake/
2019.10よりnoteにエッセイや小説など執筆開始。


劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。

演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」
劇集団咲良舎公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式フェイスブックページ
ブログ「人間日和」
ブログ「楕円生活の方法」
等を運用中。

2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。

 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

FC2カウンター

地名タグ

↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

神保町 和田町 天王町 星川 横浜 二俣川 桜木町 日ノ出町 野毛 上大岡 黄金町 阪東橋 西横浜 大口 元住吉 綱島 保土ヶ谷 武蔵新田 新丸子 西谷 菊名 蒲田 平沼橋 吉田町 所沢 自由が丘 雪谷大塚 藤沢 戸部 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 王子 十条 山下 豪徳寺 世田谷 深川 

↑【新しく訪問した順番に表示されています】

ブログ内検索

居酒屋探偵団関連リンク

おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook

新岳大典作小説リンク

ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
「無料」で読めます。是非御一読ください。

月別アーカイブ

全記事表示リンク