FC2ブログ

戸越公園 居酒屋「伊豆屋」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第88回  2008年4月3日(木) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】



 戸越公園 居酒屋「伊豆屋」



    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→


 前回、紹介した店、大井町線中延駅近くのやきとり「忠弥」を出た私とASIMO君は、商店街を東方向に向かう。すぐに都営地下鉄浅草線の中延駅の出入口の前に出る。その先は国道1号線(第二京浜)である。都営地下鉄浅草線はこの道路の下を通っている。
 国道1号線を渡り、そのまま住宅街の中を歩いて行く。やがて、400メートルほど行くと、戸越公園の駅前から続く「戸越公園駅前南口商店街通り」と交差する。交差点には交番がある。交番を見ながら右折、しばらく行くと右手にホッピーと煮込みで有名な「加賀屋」がある。さらに進むと左手に赤ちょうちんが見えてくる。それが本日の二軒目、「伊豆屋」である。

 この「伊豆屋」「寄り道blog」という、私がこの「居酒屋探偵DAITENの生活」のお手本にしているブログの中で紹介されていた店である。ずっと行こうと思っていながら、たまたま前を通るといつも満席で入れなかった店である。
 店の入口の左手には、白地に黒文字の「馬刺し やきとり」と大きく書かれた幟が立っている。右手には、やきとりの焼き台があり、おみあげで焼き鳥が買えるようになっている。店の中にはいると、右手に7、8人程度が座れるカウンターがあり、カウンターの中は調理場である。左手に四人掛けのテーブルが3つある。
 調理場の中で白衣のマスターが忙しく働いている。一番奥に女将さん。二人で切り盛りされている店である。ちょうど真ん中のテーブル席が空いていた。「そちらへどうぞ」という女将さんの声に促され座ることが出来た。運がよい。カウンター席に4、5人の方が座っている。手前のテーブルが二人連れの男性客、奥の席にはサラリーマンらしき四人組が盛り上がっていた。

 ホッピー(420円)を2杯お願いする。ASIMO君は氷入り、私は氷無しである。グラスに焼酎が入り、ホッピー瓶がちゃんとついてくる本来のスタイルである。ホッピージョッキが冷えていないが焼酎とホッピーが冷えている=2冷・レベル5のホッピーである。それでも、今日もホッピーがうまいのである。
 最初からグラスに焼酎とホッピーを混ぜて出す、しかも、氷無で頼むとその分、全体の量が少なく出てくるような店がある。他の美点があっても、この点だけで白けてしまうのである。少しホッピーを節約しても長い目で見れば、店にとって本当は損であると思う。

 大ぶりのもつ焼きを四本も食べてきている。焼き物類は勘弁してもらい、ニラ玉(420円)と厚揚げおろし(365円)を注文する。マスターが調理場の中で炒め物をしながら、「ちょっとお時間が掛かりますがいいですかぁ」と言う。
 マスターは忙しそうに「焼きそば」を炒めている様子である。この店は食事メニューもそろっている。カウンターの女性客に「焼きそば」は運ばれた。女性客は焼きそばを食べてさっと帰ってゆく。「居酒屋」としてではなく、夕食を食べる店として使うお客さんも多いのかもしれない。

 注文の品物が出てくるのを待つ間の為に、ぬか漬け(260円)を頼むことにした。ASIMO君はホッピーの中焼酎(260円)を追加。
 ここで、我が探偵事務所も城北地区に力を入れようということになり、OZAKI先生を誘って、3人共に馴染みの町である日暮里界隈を探索する計画を立てる。

 ニラ玉がやってきた。大きな「ニラ玉」である。上にアンがかかっており、まるで中華料理の「かに玉」のようである。御飯をもらえば夕飯のおかずに出来る量である。
 さらに、レモンハイ(395円)を2杯頼む。「厚揚げおろし」がやってきた。小さく刻んだ厚揚げと大根おろしを和えてある。
 おいしいつまみでレモンハイをいただく。ここで、さきほど前を通った「加賀屋」を偵察してみようという話になった。我ながら本当に「はしご好き」である。

 7時から8時まで約1時間の滞在。お勘定は二人で2,935円であった。


戸越公園 居酒屋「伊豆屋」
住所 東京都品川区豊町5-10-14
電話 03-3781-1503
定休日 土日祝日休
営業時間 17:00~23:00
交通 東急大井町線「戸越公園」駅徒歩5分。



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

コメント

非公開コメント

新岳大典

新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。
http://izakaya.daitenkan.jp/
2018.1より上記のURLとなりました。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。
2011.7よりfacebook参加
https://www.facebook.com/daiten.aratake/

劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。

演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」
劇集団咲良舎公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式フェイスブックページ
ブログ「人間日和」
ブログ「楕円生活の方法」
等を運用中。

2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

FC2カウンター

地名タグ

↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

天王町 横浜 西横浜 保土ヶ谷 武蔵新田 新丸子 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 平沼橋 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

↑【新しく訪問した順番に表示されています】

ブログ内検索

居酒屋探偵団関連リンク

おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook

新岳大典作小説リンク

ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
「無料」で読めます。是非御一読ください。

月別アーカイブ

全記事表示リンク