FC2ブログ

学芸大学 居酒屋「かっぱ」

居酒屋探偵DAITENの生活 第92回   2008年4月18日(金)  【地域別】  【時間順】



学芸大学 居酒屋「目黒かっぱ」

  学芸大学「目黒かっぱ」外観写真    にほんブログ村 グルメブログへ ←「東京食べ歩き」参加中。

 学芸大学駅近くの稽古場所での咲良舎MIプロジェクトの帰り、SAKURAと二人、今まで何度も入ろうとして入れなかったお店「目黒かっぱ」に行ってみることにした。
 最初にこのお店を知ったのは「寄り道blog」寄り道さんの2005年12月17日の記事であり、その後、時々「中目黒あたりで呑んでます」大徳寺さんの記事で様子を知ることが出来た。
 このお店は「なれ寿司」が名物の店である。そして、女将さんは紀州の新宮の出身である。ゆえに、紀州の料理や酒を楽しむことが出来る店である。

 お店の場所は学芸大学駅の改札を出て左へ。西口の商店街を駒沢通り方向に歩いて二つ目の角を右に曲がり、すぐに左に曲がると、目の前は住宅街。ちょっと不安になった所で、L字の角を右に曲がると、ちょっと先に目黒通りと駒沢通りをつなぐバス通りが見える。そのバス通りに出る手前左手に「目黒かっぱ」さんはある。

 入口脇の窓から中をのぞき込む。7、8人でいっぱいのカウンター席のみの店である。店内はお客さんで一杯であった。一瞬躊躇うがSAKURAに背中を押され扉を開く。中をのぞくと、常連さんらしき方が「お客さんだよ」と言ってくださる。女将さんの「どうぞ」の言葉と、常連の皆さんのご協力により席を確保。それから持っていたビデオ、スチルカメラ、三脚などの機材をなんとか足元に押し込み席に座ることができた。入口から見ると、カウンターを挟んで左が客席、右が調理場である。入ってすぐの入口の上にはテレビがある。

 女将さんが笑顔で「何にしますか?」と言ってくださる。瓶ビール大(500円)をお願いした。その時、私の右隣の男性客が瓶ビールのお代わりをする為に、「サッポロ黒ラベル」の空瓶をカウンターの一段高い場所に出された。私たちにタイミングを合わせたようである。
 しかし、ここで私に油断があった。自分たちにも「サッポロ黒ラベル」が来ると思いこんでしまったのである。しかし、男性客には「サッポロ黒ラベル」、私たちには「アサヒスーパードライ」が出てきてしまった。銘柄が複数用意されているのであった。銘柄を聞くべきであった。失敗である。栓を抜いたビールを今さら代えてもらう訳にも行かない。のどの渇いた我々は、当然呑んでしまうのである。しかし、まるで早く無くしてしまいたいかのように、二人ともグビグビと呑んでしまった。「アサヒスーパードライ」をゆっくり味わう気にはならないのである。

 女将さんが「今日は、もうなれずしが終わってしまったんですよ」とおっしゃる。「それはがっかりです」と答える。食べてみたかった一品である。なれずしは、さば(300円)、あじ(350円)、ます(300円)、たい(350円)、えび(450円)の5種類がある。月曜に仕込んで、たまたま今週は早めに無くなってしまったそうである。女将さんのお話によれば、私の右の男性客の方もおみやげで頼もうとして、直前に窓の外からお持ち帰りで買いに来られた方に先を越されてしまい、持ち帰れなかったという。次回は絶対に食べてみたい。

 目の前のカウンターの上に乗っている「いわし梅干煮」と「里芋煮」をいただく。(ホワイトボードに書かれたおすすめメニューで価格は解らない。)
 SAKURAが「どちらもおいしいわね」と感心していた。同感である。次は日本酒にする。ここはお酒も紀州である。紀州五十万石(400円)を熱燗でいただく。
 紀州といえば梅である。「紀州名物梅干しあえのなす(400円)」をいただく。梅干しあえは他に「長いも」、「りんご」、「きょうり」があり、女将さんは「りんご」がおすすめとのこと。次回は「りんご」をいただきたいと思う。

 やがて、女将さんの娘さんが登場。明るく元気な女性である。常連さんたちと盛り上がっていた。ここで、二人とも焼酎に切り替えることにする。芋焼酎・黒霧島(400円)をお湯割りで二杯いただいた。さらに、もう一つのこちらの名物料理である「紀州名物めはりずし(200円)」はあるのか女将さんにお聞きする。出来るということなので1つだけお願いする。さらに、最初から気になっていた「よしこの漬けたおしんこ(350円)」もいただいた。「よしこ」とは女将さんの名前である。
 最後に黒霧島のお湯割りを1つだけ追加して、二人でわけあう。
 「昔から比べると、二人とも本当に酒量が減ったね」とSAKURA。本当にその通りである。

 気がつくと、午前0時近くなってしまっていた。約1時間40分ほどの滞在。お勘定をお願いすると4,550円であった。
 女将さんと娘さんの二人の笑顔が見送ってくれる。再訪を約束して外に出る。学芸大学の駅を目指して急いだ。


学芸大学 居酒屋「目黒かっぱ」
住所 東京都目黒区鷹番3-14-20
電話 03-3710-3711
交通 東急東横線・日比谷線学芸大学駅徒歩5分。



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」


コメント

非公開コメント

新岳大典

新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。
http://izakaya.daitenkan.jp/
2018.1より上記のURLとなりました。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。
2011.7よりfacebook参加
https://www.facebook.com/daiten.aratake/

劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。

演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」
劇集団咲良舎公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式フェイスブックページ
ブログ「人間日和」
ブログ「楕円生活の方法」
等を運用中。

2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

FC2カウンター

地名タグ

↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

天王町 西横浜 保土ヶ谷 武蔵新田 新丸子 横浜 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 平沼橋 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

↑【新しく訪問した順番に表示されています】

ブログ内検索

居酒屋探偵団関連リンク

おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook

新岳大典作小説リンク

ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
「無料」で読めます。是非御一読ください。

月別アーカイブ

全記事表示リンク