FC2ブログ

自由が丘 たちのみ「あつまり」

居酒屋探偵DAITENの生活 第114回    2008年7月5日(土) 【地域別】  【時間順】


※2008年7月10日午後 110000カウント達成。感謝!

自由が丘 たちのみ「あつまり」

  自由が丘たちのみ「あつまり」

   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。

   電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←居酒屋短編小説を発表中(無料)。「新岳大典」で検索。


 稽古帰りのSAKURAと都立大学駅で待ち合わせ、そのまま向かったのは自由が丘である。少しだけ呑みたいというので、以前に何回か行ったことのある店へ向かう。
 今回の店はちょっと見つけにくい。自由が丘駅のロータリー側には、実は二つ改札口がある。構内から見て、右手のガード下に向かって出ることが出来るのが「北口」であり、北西方向のロータリーに面した改札口が「正面口」である。その「正面口」を出て、ロータリーの左側の歩道を歩いて、大井町線の踏切方面に行く。踏切のすぐそばがT字路になっている。踏切を渡らず、道を右に入り直進すると信号に出る。田園調布へ行くバスの通るバス通りである。信号を渡り、そのまま直進、すぐ左手に路地がある。この路地は中で左に曲がり、再び先ほどのバス通りに出てしまう短い路地である。路地を入ってすぐに右手、足元に小さな白看板があり、店名が平仮名で書いてある。あまり目立たない看板である。その看板の左手に急な階段がある。階段の天井にアンティーク調の電灯がある。急な階段を登り切り、右に曲がると、すぐ右手に今日の目的の店「たちのみ あつまり」があるのだ。

 入口は開け放たれている。中に入ると正面に7人ほどが立てば満席になりそうなカウンターがある。右手に小さなコンポーネントステレオが置かれた小さなテーブルがあり、そこにも立てるようになっている。入って左手にも壁際に狭いカウンターがあり、数人が立つことが出来る。足元には荷物を入れるバスケットがたくさん置かれていて、この店が自由が丘という場所がらか女性を意識していることが解る。

 まずは、生ビール小(300円)を二つ注文する。私は前の店で食べてきているし、これから夕食も食べなければならない。本当はラザニアなどイタリア系のボリュームのある料理もあるが、今日は軽いものにする。まずは、 森野さんのお漬物(150円)を頼む。
 ビールを飲みながらゆっくりと店内を見まわす。いわゆる「バール」の作りであろうか。料理を担当する店長と酒を担当する店長の二人の店長で経営している店である。今日は料理担当のちょっと無口な店長お一人であった。公式ブログによれば2006年8月22日開店したというから、もうすぐ2周年ということになる。

 今回は頼まなかったが特にオードブル三種盛(350円)がお得である。また、ワインに力を入れていて、350円から500円程度で色々と飲むことが出来る。小さなグラスなのでテイスティングをしているような感覚である。SAKURAは、バルモンという南仏ワイン(350円)を頼んだ。
 真あじマリネ(350円)も追加する。箸はテーブルのバスケットに入ったリターナル箸である。マイ箸を出す必要がないので助かる。
 私はギネスドラフト(550円)を頼んだ。うまい。しかし、ここで、最近になってビールをよく飲むようになっている自分に気づく。プリン体の量をコントロールしなければいけない。やはりホッピーが一番である。でも、ギネスはうまい。
 最後に、SAKURAがおせんべい(25円)二枚を手にとった。カウンター上にジャイアントコーンやおせんべいなど軽いつまみが置かれているのである。

 午後5時45分から6時30分まで、約45分の滞在。お勘定は2,050円であった。チャージなどはまったくない。最近時々ある高いチャージをとるお洒落系立ち呑み店とは違い、好感が持てる態度である。

※こちらの店は、姉妹店として自由が丘南口側のグリーンストリート(久品仏緑道)で「バール・ムラッチョ」という車を改造したカフェもやっている。


自由が丘 たちのみ「あつまり」
住所 東京都目黒区自由が丘2-14-19 2F
電話 03-3724-1199
定休日 日曜・祝日 営業時間 17:00~26:00
交通 東急東横線・東急大井町線「自由が丘」駅 正面口より徒歩5分
http://muraccho.exblog.jp/


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

コメント

居酒屋探偵DAITEN

古い洋館の台所で盗み酒
階段の上の電灯からして怪しいですよね。
どこかの古いお屋敷(洋館)の狭い作りの台所で、何か食べさせて
もらっているような感じですね。御主人様に隠れて盗み酒?
急に奥様に外から声を掛けられて吹き出してしまうねんごろな
下男と女中。そんな感じですか?

土曜日の夕方とか空いている時間でないと・・・。
私は混んだ時間には行ったことがございません。


croquettepunch

この狭さが..
何とも言えない味なんですね,このお店.
三種盛りもイイです!

若い常連さんで一杯の日は,チトつらいです..
非公開コメント

新岳大典

新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。
http://izakaya.daitenkan.jp/
2018.1より上記のURLとなりました。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。
2011.7よりfacebook参加
https://www.facebook.com/daiten.aratake/

劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。

演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」
劇集団咲良舎公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式フェイスブックページ
ブログ「人間日和」
ブログ「楕円生活の方法」
等を運用中。

2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

FC2カウンター

地名タグ

↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

天王町 横浜 西横浜 保土ヶ谷 武蔵新田 新丸子 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 平沼橋 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

↑【新しく訪問した順番に表示されています】

ブログ内検索

居酒屋探偵団関連リンク

おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook

新岳大典作小説リンク

ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
「無料」で読めます。是非御一読ください。

月別アーカイブ

全記事表示リンク