FC2ブログ

水道橋 飲み処喰へ処「旅」

居酒屋探偵DAITENの生活 第118回   2008年7月29日(火) 【地域別】  【時間順】


※2008年7月31日深夜 120000カウント達成。感謝!

水道橋 飲み処喰べ処「旅」
 
  水道橋 飲み処喰べ処「旅」写真   にほんブログ村 グルメブログへ ←「東京食べ歩き」参加中。


 今日の1軒目は、JR総武線水道橋駅のホームの下にある立ち飲み店「旅」である。水道橋駅東口改札を出て右へ、飯田橋方面に少し戻るように歩くと、すぐ右手に「旅」と書かれた赤い看板が見える。
 「ちょっと一ぱい300円」と書かれた看板をくぐり店内に入る。道路よりも一段低くなった店内に降りる。右手のカウンターに10人ほどが立てるであろうか。左手の壁側にも狭いカウンターがあり、そこにも10人ほどが立てる。合わせて20人は立てるが通路が無くなってしまうのでかなり窮屈になりそうである。やはり、東京ドームのお膝元であるから当然の如く、ラジオは野球放送を流していた。

 店内の壁に「前金制です」、「万札でのお支払いはご遠慮下さい」等と書かれている。調理場に面したカウンターに4人ほど、壁側のカウンターに4人ほどが立っている。大将と女将さんであろうか、年輩の男女二人がカウンターの中で働いている。
 一番奥の女性の前のあたりが空いていた。2つのカウンターをつなぐようにある一番奥の短いカウンター前に立ち、冷ヤッコ(100円)とレモンサワー(310円)を注文した。前金制なので、410円を払い、品物を受け取った。

 生ビールを始め、ウーロン、緑茶ハイ、サワー類はすべて310円。芋焼酎、麦焼酎も310円であった。燗酒、冷酒も310円。表には「ちょっと一ぱい300円」と書いてあるから、最近310円に酒類を値上げしたに違いない。しかし、それでも安い価格設定である。物価高はこんなところにも忍び寄ってきているのである。君の井、千代の光など銘柄のお酒は410円である。

 店内を見まわすと、8人ほどいる客全員が白っぽいワイシャツを着た中年サラリーマンであった。女性客は一人もいない。大将も女将さんもお客さん達とよく話し、よく笑っている。ほとんどが常連の皆さんに違いない。やはり、こういう店の実態調査は平日にしなければと痛感する。
煙草の煙と臭いが店内に漂っている。ガード下であるから天井が低く、換気が悪いのは仕方がないのかもしれない。
 少し考えてから、冷酒(310円)を頼んだ。松竹梅生冷酒(180ml入)瓶の上にグラスが乗って出される。はんぺん(100円)も貰った。
 壁際の男性二人客が帰ってゆく。帰る時にグラスや器をカウンター側に渡し、備えつけのダスターでテーブルをきれいに拭く。ここにはモラルが存在するのである。

 7時30分から約30分の滞在。飲み物2杯、つまみ2品で合計820円であった。入って来た時よりも店内にはお客さんが増えていた。私もカウンターをダスターで拭き、調理場側カウンターに立つお客さんとお客さんの間から空いた器や箸、酒器酒瓶を返した。「ありがとうございます」という言葉におくられ外に出る。
 さて、次の店は「神楽坂」である。水道橋の改札から入って総武線に乗り込んだ。


水道橋 飲み処喰べ処「旅」
住所 東京都千代田区三崎町2-22-4
電話 03-3264-0718
定休日 無休
営業時間 17:00~22:00
交通 JR総武線 水道橋駅下車徒歩1分



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

水道橋

Comments 0