FC2ブログ

学芸大学 炭火焼鳥「串善」

居酒屋探偵DAITENの生活 第130回   2008年8月17日(日) 【地域別】  【時間順】


学芸大学 炭火焼鳥「串善」

    学芸大学串善外観   にほんブログ村 グルメブログへ ←「東京食べ歩き」参加。クリックお願いします!

 日曜日の夕暮れ時である。SAKURAと二人、学芸大学駅近くで用事を済ませた後、いつものように軽く呑んで帰ることにした。
 午前中、テレビの「笑っていいとも増刊号」「テレホンショッキング」のコーナーを見た。ブラザートムさんがゲストであった。まずは、なぎら健壱さんの経営する学芸大学の「もんじゃ焼き」の店での話があった。それから次のような会話があった。
 ブラザートム「今、僕、学芸大学に住んでいるんですけども、ほとんど学芸大学の全部網羅したんじゃないですかね? 何百軒か」。
 タモリ「学芸大学って、皆さん知らないと思いますけど、もの凄く多いですよ。飲み屋。」。
 この後、東横線で渋谷と横浜の次に飲み屋が多いのは、学芸大学であるか自由が丘であるかで、ちょっとした笑いをとる掛け合いがあった。
 この話でも解る通り、学芸大学は居酒屋やバーが本当に多いのである。

 学芸大学駅改札を出て右に行くと商店街がある。商店街からは左右に路地が何本も伸びていて、そこには居酒屋やバーなどがたくさんある。
 商店街を歩いて、右側の二本目の路地に入った。初めて入る路地である。左右に、小さな店が何軒もある。しかし、日曜日で開いていない店がほとんどであった。吉田類さんの番組で紹介された店もそこにあった。休みの店の中に入ってみたいと思う店が4軒ほどあった。

 開店したばかりに違いない小綺麗な焼き鳥店「炭火焼鳥串善」を見つけた。チェーン店は記事にしないと宣言しているが伸び盛りの小さな居酒屋チェーンは応援したいと思っている。
 「炭火焼鳥串善」は新丸子に事務所を持ち、新丸子、中野新橋、明大前、永福町、学芸大学の5店舗を持つ小規模チェーンである。

 大きなガラス窓が印象的な外観を眺め、中央の扉を開いて中に入ると、我々が最初の客であった。
 入って正面には15人ほどが座れるL字カウンターになっており、右手にテーブル席。左側は木製のパーテーションで区切られたテーブル席が8卓ほどある。カウンターの背後の通路が広いのがとてもよい。カウンターの頭上に液晶テレビが2台つけられていて、オリンピック中継を放送していた。カウンターの手前側に焼き台があり、その奥は調理場となっている。店内の照明が明るめなのが好印象である。

 まずは、ビールが飲みたいというSAKURA。しかし、瓶ビールは無く、あるのはアサヒスーパードライ生だけである。そこで、SAKURAはレモンサワー(300円)にして、私がホイス(320円)を頼んだ。

 しかし、お通しのバイ貝煮付け(280円)二人分と共にやってきたのは、レモンサワーとアサヒスーパードライ生(420円)であった。間違いを指摘してから、そのままアサヒスーパードライ生をもらうことにする。作り直させるほどのこともない。同じスーパードライでも「生」は飲める。そのまま、SAKURAがビールを飲み、私がレモンサワーを飲むことにした。

 飲みながらゆっくりと何を食べるか考えた。やっと決まったのは、トンミソ(カシラ)2本(240円)と、タン2本(240円)、厚焼き玉子(丸武・テリーさんの御実家)(380円)である。テリー伊藤さんのお兄様が経営している築地の玉子焼き店「丸武」の厚焼き玉子である。
 さらに、今月のキャンペーン商品として、唯一の刺身類である〈生タコ刺し〉(300円)も頼んだ。

 玉子焼きは普通に美味しかったが、生タコ刺しは特にうまかった。これで300円は本当に安い。もうひとつ頼もうかと話し合ったほどであった。

 最初にタン2本がやってくる。一緒にバジルソースというのが出てきて、それをつけて食べるのである。このバジルソースがなかなか良かった。トンミソ(カシラ)は、備え付けの特製みそで食べるようにとのこと。どちらも肉も大ぶりであり、1本あたり120円は手頃な値付けといえる。

 SAKURAは、明後日から8日間、北海道に出張。札幌市教育文化会館で開催されている「教文演劇フェスティバル」http://kyobun-festival.seesaa.net/ にワークショップ講師として招聘されたからである。
 美味しい北海道の食べ物を旨いビールと一緒に飲むことができるに違いない。羨ましい限りである。

 最後に、SAKURAが熱燗が呑みたいと言うので、天法のみしよ本醸造大どっくり(780円)を熱めの燗でお願いした。夏場はついつい冷たい飲み物を飲み続けてしまうので、真夏でも最後は燗酒に切り替えた方が身体に良い。昔から江戸っ子は、真夏に熱燗を呑むのが粋であったというが、江戸っ子特有のやせ我慢ではなく、案外身体のことを考えたことなのかもしれない。

 午後5時30分から1時間ほどの滞在。お勘定は二人で3,402円であった。



学芸大学 炭火焼鳥「串善」
住所 東京都目黒区鷹番3-3-19 MKビル1F
電話 03-3793-0677
定休日 年中無休
営業時間 月曜~土曜17:00~04:00 日曜16:00~24:00
交通 東急東横線・東京メトロ日比谷線学芸大学駅下車徒歩1分
オフィシャルサイト http://www.kushizen.com/




ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

コメント

居酒屋探偵DAITEN

まさに穴場的通りですね
MY様

居酒屋探偵DAITENです。
あの通りは、まさに学芸大学の穴場通りですね。
外から見ただけで入ってみたいお店がたくさんありますね。
「彦一」ですか。情報ありがとうございます。
うちの芝居のスタッフの社長が馬刺し好きなのです。行ってみます。
今後とも「居酒屋探偵DAITENの生活」
をよろしくお願いします。

MY

穴場的通り
その本屋の路地に「彦一」という熊本直送の美味しい馬刺しを食べさせる店があり、かれこれ20年近く通っています。
ただホッピーを置いていないのと、決して安くはないので気が向いたら行ってみて下さいね。
その路地はイタリアンも美味しいし、わりと穴場的通りです。
非公開コメント

新岳大典

新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。
http://izakaya.daitenkan.jp/
2018.1より上記のURLとなりました。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。
2011.7よりfacebook参加
https://www.facebook.com/daiten.aratake/

劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。

演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」
劇集団咲良舎公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式フェイスブックページ
ブログ「人間日和」
ブログ「楕円生活の方法」
等を運用中。

2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

FC2カウンター

地名タグ

↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

天王町 横浜 西横浜 保土ヶ谷 武蔵新田 新丸子 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 平沼橋 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

↑【新しく訪問した順番に表示されています】

ブログ内検索

居酒屋探偵団関連リンク

おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook

新岳大典作小説リンク

ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
「無料」で読めます。是非御一読ください。

月別アーカイブ

全記事表示リンク