FC2ブログ

高田馬場 炭火焼き「鳥やす本店」

居酒屋探偵DAITENの生活 第141回  2008年9月21日(日)   【地域別】  【時間順】


高田馬場 炭火焼き「鳥やす本店」

   高田馬場鳥やす外観 

 ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。


 お彼岸である。お彼岸というのは春の場合は春分の日を中日として前後3日間、秋の場合は秋分の日を中日として前後3日間、それぞれ一週間がお彼岸の期間である。彼岸2日目の日曜日、SAKURAと二人で墓参りに行った。お彼岸の最初の日曜日である。雨模様であるのに霊園への直通バスを待つ列はとても長かった。
 霊園に到着して、買ってあった合羽を着て、墓を掃除していると途中から雨が強くなってきた。墓掃除で汗だくになってしまったので、帰りに近くの温泉施設に寄った。温泉から出た後、ビールを飲み、日本酒を飲んでしまった。帰り道、どこかの「居酒屋」でもう少し飲みたいということになるのは、我々にとっては当然の成り行きである。

 JR山手線の高田馬場駅の改札を出ると目の前は早稲田通りである。山手線の高架下の横断歩道を渡ると、すぐに目の前に「さかえ通り」と書かれたアーチがある。
 「さかえ通り」を歩いてゆくと、道は左に弓なりに曲がっていて、最後は東西に流れる神田川にぶつかる。神田川に出る少し手前、川を背にして右手にあるのが今日の目的の店、炭火焼き「鳥やす本店」である。昭和42年に開店したそうであるから創業40年以上ということになる。数年前、「吉田類の酒場放浪記」で紹介された時、20年以上前にこの店に入ったことを思い出した。学生やサラリーマンでいつも混んでいる店である。

 思いの外、店内は空いていた。午後6時過ぎとはいえ、雨模様の日曜日である。お店の方に「珍しく空いてますね」と言うと、「やっぱりお天気のせいですかねえ・・・」とおっしゃる。
 まずは、SAKURAは生レモンサワー(470円)、私は酎ハイ(350円)をお願いする。生レモンサワーはジョッキに焼酎と炭酸が入り、搾り器にレモン半個がついてくるものである。一緒に、ちいさな皿に大根おろしとウズラの卵が入った、小おろし(60円)が二つやってくる。お通しである。このお通しは180円の大おろしと替えることができる。

 最初のつまみは、名物であるという手羽先と根菜の煮込み(300円)である。大根がうまかった。
 さらに、焼き物をお願いする。柚子胡椒正肉焼(100円)、つくね(80円)、なんこつ(80円)、ぼんちり(70円)を各2本ずつである。
 肉は大ぶりである。特に柚子胡椒とつくねが美味しかった。

 さらに、SAKURAが一緒でなければ絶対に注文しないものを頼んだ。それは、(280円)と(400円)である。食べることが出来ない訳ではないが、私は自分から頼もうとは思わない。
 苦手な人が多い蛙を「鳥肉となんの違いがあるのかしら」と言いながら美味しそうに食べるSAKURAである。
 お店の方によれば、今年の蛙は「鳥肉」よりも「魚」に近い味わいであるという。食べてみると白身魚に近い食感であった。
 雀は開いていない状態で2匹が2本の串に一緒に刺されている。SAKURAは雀もバリバリと食べている。私も少しだけ食べてみた。たしかに、香ばしくて美味しい雀である。
 SAKURAは小さい時に「ロビンソン・クルーソー」を読んで、なんでも食べて生き残らねばと思ったそうである。
 墓参りの帰りに、「蛙」「雀」を食べてしまう。まさに精進落としである。
 富翁本醸造生貯蔵酒(640円)と御新香(300円)を頼む。
やってきた冷酒をガラスの杯に注いで、「蛙君と雀ちゃんに乾杯」と言い、改めて乾杯をした。

 約50分ほどの滞在、お勘定は3,700円であった。午後7時20分に外に出てみると、外は土砂降りの雨であった。
 SAKURAが「気持ち良い土砂降りね」と言う。凄い雨の中、跳ねるようにして二人で駅へと急いだ。


 こちらのお店の支店を紹介 → 第419回 炭火焼き「鳥やす支店」


高田馬場鳥やす看板

高田馬場 炭火焼き「鳥やす本店」
住所 東京都新宿区高田馬場3-5-7
電話 03-3368-6459
定休日 無休(正月休あり)
営業時間 平日17:00~24:00
交通 JR山手線高田馬場駅下車徒歩2分


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

コメント

居酒屋探偵DAITEN

ありがとうございます
城南探偵団見習様

居酒屋探偵DAITENです。

「・・・窓の下には神田川、三畳一間の小さな下宿、貴方は私の指先見つめ、悲しいかいって、聞いたのよ、若かったあの頃、何も恐くなかった、ただ貴方のやさしさが恐かった〜」
いいですね。神田川。

支店は行ったことが無いので、一度試してみたいですね。

「目に浮かぶようだ」と言っていただけるのは最高のほめ言葉です。
常にそのように書くことを目指しているのですが、なかなかうまくいきません。
ありがとうございます。

城南探偵団見習

窓の下には神田川
ワタシもそれくらい前に入ったことあります
さかえ通りはしょっちゅうとおってるんですけどね
早稲田通りの支店はランチもいいみたいですよ

最後の1行がきいてますね
目に浮かぶようです
非公開コメント

新岳大典

新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。
http://izakaya.daitenkan.jp/
2018.1より上記のURLとなりました。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。
2011.7よりfacebook参加
https://www.facebook.com/daiten.aratake/

劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。

演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」
劇集団咲良舎公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式フェイスブックページ
ブログ「人間日和」
ブログ「楕円生活の方法」
等を運用中。

2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

FC2カウンター

地名タグ

↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

西横浜 黄金町 横浜 綱島 天王町 保土ヶ谷 武蔵新田 新丸子 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 平沼橋 吉田町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

↑【新しく訪問した順番に表示されています】

ブログ内検索

居酒屋探偵団関連リンク

おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook

新岳大典作小説リンク

ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
「無料」で読めます。是非御一読ください。

月別アーカイブ

全記事表示リンク