FC2ブログ

奥沢 やきとり「さいとう」第3回

居酒屋探偵DAITENの生活 第151回  2008年10月11日(土)  【地域別】  【時間順】



※2008年10月20日 160,000カウント通過 感謝!

奥沢 やきとり「さいとう」 第3回

   奥沢焼鳥さいとう外観

   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。

   電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←居酒屋短編小説を発表中(無料)。「新岳大典」で検索。


 ブログ「橋本健二の居酒屋考現学」の橋本健二先生と一緒に、前回居酒屋「八十八」を出たSAKURAと創間元哉君と私は西小山駅から再び東急目黒線に乗車した。西小山から乗ると3つ目の駅が奥沢である。奥沢駅の下り方面の改札を出ると目の前は小さな広場になっている。この駅前の感じは何十年も変わらない。この広場に降り立った途端、私がご案内するまでもなく、「いい感じの酒場がありますね」と橋本先生がおっしゃり、目的の店を見つけてしまった。流石である。

 広場の脇を通っている自由通りという通りを渡り、角にコンビニのある路地を入ると左手に今日の目的の店、やきとり「さいとう」がある。
 神楽坂の裏通りの黒板塀のように、黒く塗られた外壁の高い位置の真ん中に掲げられた「やきとりさいとう」という大きな白文字の看板が目を引く。そして、江戸時代の長屋を思わせる玄関障子が珍しい。

 我々が外観の写真など撮っていると、店の脇からお店の女性が出てきて「御予約の方々ですね、どうぞ、お入りください。右手の2番目のテーブルの奥をご用意してありますので」と言う。

 玄関障子を開けると、左手のカウンターの中の焼き台の前にマスターが立つ。
 「2番目のテーブルの奥へどうぞ」という言葉に促され、テーブルに座る。

 サッポロビール黒ラベル大瓶(550円)を2本を頼み、シロカシラレバハラミネギを4本ずつ、シロレバはタレで、残りは塩でお願いする。焼き物は1本100円である。

 店内を見まわすと、すでに最初の波が終わったのか七割ほどの入りで、奥の座敷の電灯も消えており、初めてやきとり「さいとう」を書いた第93回の記事の時のような忙しさはない。暖色の照明の為もあるのか店内は、活気がある中にも落ち着いた良い雰囲気であった。

 次々に出てくる焼き物はどれもうまい。橋本先生は「カシラ」がお好きだとのこと、とても気に入っていただいたようで、お連れした方としてうれしいかぎりである。
 この店の煮込みは金曜日と土曜日だけに作る限定の煮込みである。煮込み(300円)を2つ頼んだ。
 ワインを1本頼んだ。メルシャンの360ミリリットル瓶(800円)である。ポリフェノール2倍とラベルに書いてあった。
 ここで、ドイツワインの話になった。山梨のワイナリーの話になり、「ルバイヤートは御存知ですか?」と言うと、生徒さんたちとルバイヤートのワイナリーに行ったことがあるそうであった。ルバイヤート・ワインの正式社名は丸藤葡萄酒工業株式会社である。同ワイナリーで開かれる「蔵コン」というコンサート・イベントに、中目黒のライブハウス「楽屋」のオーナーである友人のマッシモ氏と協力して、あるジャズ・ボーカル・グループの出演をコーディネートしたことがあり、お世話になったワイナリーであった。
 思わぬところで話がつながったのである。
 なお、ルバイヤートは神楽坂にワイン・レストランの直営店を持っている。私の母方の家があった場所が神楽坂である。ルバイヤートさんとは縁がある。

 毎年10月になると始まる「さいとう」のもう一つの名物おでん(600円)を2人前頼む。
 1人前4つということで、中身は、がんも、大根、ちくわぶ、ちくわを2個ずつである。

 橋本先生が私にもっておられたイメージは、「スキンヘッズで丸顔、190センチの大男で恐い感じの人」だったそうであり、これは、私が記事やコメントに書いた「迷彩服を着た大男」である友人のGAI(本稿のVOL.124VOL125で登場)のイメージと重なっているようである。当時の二人を合体されると、「スキンヘッズで丸顔、身長190センチ、体重120㎏で白の上下を着ており、休日には迷彩服で過ごす大男」が出来上がる。なんだか危ない奴である。

 おでんと一緒に飲むのは、やはり日本酒である。こちらの店は日本酒の銘柄が多い。白鷹(350円)と千福(350円)をもらう。
 演劇畑の話をする中、俳優の緒方拳が亡くなった話になり、そこから緒方拳が印象的な役で出演した1974年の映画「砂の器」(監督/野村芳太郎・脚本/橋本忍・山田洋次)の話で一期に盛り上がった。

 映画「砂の器」には思い出がある。客のほとんど入っていない新宿の映画館の客席で、一人この映画を見た。映画に登場する「流浪の親子」と自分自身の現実とが重なり、涙が止まらなかった。
 橋本先生も「砂の器」が一番お好きな映画であるとのこと。この映画を授業で使ったそうで、見て泣くのは女子生徒よりも男子生徒の方であったとのこと。よく解る話である。

 映画に登場する死体発見現場は蒲田駅の操車場であり、刑事二人が聞き込みで歩くのは蒲田の飲み屋街である。二人が落ち合って酒を飲む場所は渋谷の井の頭線の東側の地域である。自分のよく行く飲屋街が映画に登場するのも楽しみの一つである。

 それから、先生のお薦めの1955年の映画「たそがれ酒場」(監督/内田吐夢)の話になった。酒場での一日を描いた映画であり、お話をお聞きしているうちに、舞台化出来ないかという気持ちになった。なお、「いつかA列車に乗って」(監督/荒木とよひさ)という題名で2003年にリメイクされている。詳しくは、橋本先生のブログ「橋本健二の居酒屋考現学」をご覧いただきたい。

 タン(100円)2本、おしんこ(300円)、私おすすめの豚とろ(350円)を頼み、後は冷酒(500円)やビールを何本か頼んだ。めずらしくどれだけ飲んだかは不明である。
 楽しい時間は瞬く間に過ぎて午後11時になっていた。橋本先生は本当に楽しい方であった。また御一緒できる日が楽しみである。

 午後8時30分から午後11時までの約2時間30分の滞在。お勘定は4人で11,950円であった。


奥沢 やきとり「さいとう」
(やきとん)
住所 東京都世田谷区奥沢4-27-12
電話 03-3727-6233
定休 日曜日
営業時間17:00~24:00
東急目黒線奥沢駅北口より徒歩30秒
地図や店内の様子はこちら↓
http://www.sempuku.co.jp/sagaseru/shop/shop_tokyo/setagaya/1.htm

にほんブログ村 グルメブログへ ←こちらをクリックお願いします。

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ SAKURA ACTING PLACE 公式サイトへ

コメント

非公開コメント

新岳大典

新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。
http://izakaya.daitenkan.jp/
2018.1より上記のURLとなりました。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。
2011.7よりfacebook参加
https://www.facebook.com/daiten.aratake/

劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。

演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」
劇集団咲良舎公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式フェイスブックページ
ブログ「人間日和」
ブログ「楕円生活の方法」
等を運用中。

2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

FC2カウンター

地名タグ

↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

天王町 西横浜 保土ヶ谷 武蔵新田 新丸子 横浜 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 平沼橋 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

↑【新しく訪問した順番に表示されています】

ブログ内検索

居酒屋探偵団関連リンク

おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook

新岳大典作小説リンク

ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
「無料」で読めます。是非御一読ください。

月別アーカイブ

全記事表示リンク