FC2ブログ

蓮沼 立呑処「勘蔵」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第156回  2008年11月8日(土) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】



蓮沼 立呑処「勘蔵」


   蓮沼立呑処勘蔵外観 

    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→


 川崎で用事があった帰り、京急川崎駅から京浜急行に乗って京急蒲田駅まで移動した。京急蒲田駅周辺には行ってみたい飲み屋さんがたくさんある。しかし、土曜の午後3時頃であり、目当ての店はどこも開いていない。新しく出来たらしい立ち呑み店を発見するが気になることがあって、今日のところはやめにした。

 それから、JR蒲田駅方面に向かって歩き、さらに蒲田から東急多摩川線の矢口渡駅方面まで歩いた。矢口渡駅周辺を散策してから環状8号線を渡り、多摩堤通りに出て、東急池上線の蓮沼駅に向かった。川崎駅周辺もずいぶん歩いたので、歩いた距離は8㎞ぐらいであろうか。

 蓮沼駅前の踏切を渡り、蒲田方面に歩いてゆく。3分ほど歩いた手前右角に今日の目的の店、立呑処「勘蔵」があった。歩きに歩いてたどり着いたのが、よせばよいのに「立ち呑み店」である。我ながら変わっている。
 
 中に入ると、右斜めに「くの字カウンター」があり、カウンターの中は調理場である。一番奥に男性客が一人立っていた。以前来てから1年以上の時が過ぎている。その時は若い男性が一人で働いていた。しかし、カウンターの中に立ち、笑顔で迎えてくれたのは女性であつた。カウンターの右端のウォーター・クーラーを背にした場所に立つ。  
 このウォーター・クーラーは昼時にこの店が立ち食いそば店であり、「二毛作」的な商売をしている証拠である。頭の上に吊ってあるメニューはきっと裏返しにすると昼のメニューではないだろうか。

 壁に貼ってあるビールセットという言葉に惹かれる。生ビール小と枝豆と好きなつまみのセットである。これで500円は安い。
 「ビールセットお願いします。」
 「枝豆と他に、もう一品つきますけど、何にしますか?」
 「ポテトサラダお願いします」

 ビールセットが出てきた。「500円です」と言われる。
 こちらの店がキャッシュ・オン・デリバリーであることを忘れていた。目の前の小さな器にお金を入れる。ポテトサラダ枝豆生ビール。ずいぶんと長く歩いたので喉が渇いた。実にうまい。

 こちらのホッピーセットは400円である。400円は今時としては安い部類に入る。しかし、今日のところは並びに書いてあるハイッピーセット(400円)にした。レモンテイストのハイッピーである。ハイッピーは氷を入れることを博水社が推奨しているので、氷を入れてもらう。ウーロン割り、緑茶割り、レモンサワーなど各種サワー類は250円である。とても安い。
 「先客の方が魚肉を炒めて下さい」とおっしゃる。聞き逃さず、それに便乗させていただく。魚肉ソーセージは150円である。便乗した訳であるが実際には二人分をちゃんと別々に作ってくれた。丁寧な仕事である。

 しばらくして、以前の時にいらした若い男性が帰ってきた。買い物に行っていたのである。髪を短く刈り上げ、ちょっと若手の落語家さんのように見える。笑顔も魅力的だ。
 「以前に、何度かいらしたことありますよね」と丁寧に挨拶していただく。マスターによれば、暮れから三が日も営業しているとのこと。
 「よろしかったらいらしてください。」
 うれしいお誘いである。

 最後は、泡盛・菊の露(350円)。働いている女性も大好きなお酒であるとのこと。二杯目からは300円になるそうである。ロックグラスにちゃんとした量で出てくる。そばに一升瓶を置いてくれた。冷や奴(150円)も一緒に頼む。

 全体に以前よりも落ち着いた雰囲気になっていた。マスターも髭を生やして貫禄が出てきた。良い意味で「親父酒場」になってきたように思う。もちろん若者にも立ち呑み店を楽しんでいただきたいが、どこもかしこも「おしゃれなお店」では面白くないと思う。いかがであろうか。

 夕方の5時10分から6時10分まで、約1時間の滞在、支払ったお金は1500円ちょうどであった。

 (つづく)


蓮沼立呑処勘蔵看板

蓮沼 立呑処「勘蔵」
住所 東京都大田区西蒲田7-9-5
電話 ?
定休日 年中無休
営業時間 16:00~26:00
交通 東急池上線蓮沼駅下車徒歩5分。JR蒲田駅下車徒歩3分。


にほんブログ村 グルメブログへ ←こちらをクリックお願いします。

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

コメント

居酒屋探偵DAITEN

ご明察
kimimatsu様

はじめまして。
とはいえ、私もkimimatsu様のブログは時々拝見させていただいておりました。

今や有名になってしまった、東京城東地区の「下町酒場」も良いと
思いますが、マスコミが何故か無視しつづける大田区をもっと紹介して
行きたいと思っています。
京浜急行シリーズも企画中でした。

劇団などというものをやっているものですから若い連中と大人数で
飲むケースも多く、ブログで紹介しない場合の飲み会はチェーン店
になりがちです。

ご明察です。
大人数で小規模の居酒屋を占拠するのはあまり好きではありません。
そのことで、常連のおじいちゃまの毎日の楽しみを失うようなことは
あまり支度ないのです。同じ理由から長居も好きではありません。
二人がベストですね。








kimimatsu

はじめまして。
とはいえ、仲の良いブロガーさんのところで何度もお名前は見かけていましたが。
勘蔵にもいらっしゃったのですね。
過去には頻繁に行っていたのですが、最近は全くです。
蒲田や糀谷、雑色あたりには色々ないい居酒屋がたくさんありますよ。
チェーン以外の居酒屋は2人までが訪問するちょうどいい人数と考えているのですが、なんとなく居酒屋DAITENさんも、そうなような気がして勝手に親近感を抱いております。
非公開コメント

新岳大典

新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。
http://izakaya.daitenkan.jp/
2018.1より上記のURLとなりました。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。
2011.7よりfacebook参加
https://www.facebook.com/daiten.aratake/

劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。

演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」
劇集団咲良舎公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式フェイスブックページ
ブログ「人間日和」
ブログ「楕円生活の方法」
等を運用中。

2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

FC2カウンター

地名タグ

↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

天王町 西横浜 保土ヶ谷 武蔵新田 新丸子 横浜 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 平沼橋 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

↑【新しく訪問した順番に表示されています】

ブログ内検索

居酒屋探偵団関連リンク

おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook

新岳大典作小説リンク

ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
「無料」で読めます。是非御一読ください。

月別アーカイブ

全記事表示リンク