FC2ブログ

戸越銀座 酒味処「みやこや」

居酒屋探偵DAITENの生活 第173回  2009年1月23日(金)  【地域別】  【時間順】


戸越銀座 酒味処「みやこや」

  戸越酒味処「みやこや」    にほんブログ村 グルメブログへ ←「東京食べ歩き」参加中。


 「戸越」という地名は、江戸を越えた土地という意味の「江戸越え」に由来する。また、関東大震災後、本家本元の「銀座」からレンガを譲り受けたことから戸越銀座と呼ばれるようになったという。戸越銀座の由来については、2008年6月18日の記事に多少詳しく書いているのでそちらを読んでいただきたい。

 東急池上線の戸越銀座駅は、踏切を挟んで上りと下り別々にホームがあり、それぞれ戸越銀座通りに向かって改札口が開いている。上りならば踏切を渡って左方向へ、下りならば踏切を渡らず左方向に戸越銀座通りを歩いて行くと、国道1号線(第二京浜国道)に出る。
 戸越銀座商店街は実は一つの商店街ではない。中原街道から戸越銀座駅までが「商栄会」、戸越銀座駅から国道1号線を渡り4つ目の十字路までが「中央街」、その先が「銀六会」と3つの商店街からなっている。詳しくは戸越銀座商店街のホームページ(http://www.togoshiginza.jp/)をご覧いただきたい。
 戸越銀座通りを歩き、「中央街」が終わる手前の左手に今日の目的の店、酒味処「みやこや」がある。戸越銀座駅から歩いてここまで5分程度であろうか。

 店の入っている四階建てのビルの名前は「ハイツみやこ」であるから自前のビルに違いない。建て替えられたばかりのようで外観はまだ新しい。
 店の反対側の路地の入口に「都屋染物店」という古い看板が掛かっていた。何か関係があるのであろうか。

 ガラガラと引き戸を開けて中に入る。奥行きがある店内の手前右手に四人掛けのテーブルが三つ並んでいる。その先の左手のカウンター席には8人ほどが座ることが出来る。その右手にも四人掛けのテーブル席が二つ、その奥には一人だけが座れる席がひとつ。その向こうの棚の上に液晶テレビが置いてある。その一人席に男性一人、カウンター席に男性が三人。お互いに距離をとって座っている。話を聞いていると全員が常連の方で、お互いに顔見知りのようである。

 女将さんが近づいてきて、「お食事ですか? それても…」とおっしゃる。「はい、お酒飲みます」と答えると、お酒専用のメニューを持ってきてくれた。
 その中からレモンサワー(430円)を選ぶ。お通し(300円)はイカの塩辛であった。あわせて、タコ刺身(500円)をもらった。タコは福島産のようである。

 店内は男性ばかり、テレビを見ながら時折女将さんや大将と常連客の方が話をする。全体に店内は静かである。やがて、若い女性客二人が入ってきた。この方たちも常連のようである。一期に店内が和らぐのである。
 平政カマ焼き(500円)を注文。2杯目のウーロンハイ(430円)もいただいた。平政カマ焼きは、なかなか出てこない。ゆっくりと焼いてくれているに違いない。
 女将さんが「もうしばらくお待ちくださいね」と気をつかってくれる。ウーロンハイも無くなってしまい、お酒一合(460円)を頼んだ。お銚子と一緒にぐい呑みの沢山入ったカゴが出される。その中から一番おとなしいデザインのぐい呑みを選んだ。

 常連の男性客が一人、二人と帰ってゆく。そして、また別の男性客が入ってくる。女将さんとその男性客が白洲正子さんの話をしている。白洲正子さんは、戦後現代史には欠くことの出来ない人物である白洲次郎氏の妻であり、随筆家である。背後では、女性客二人が芝居の話をしている。演劇関係の人たちらしい。「面白くないものは、ちゃんと面白くないと書いて欲しい」と、日本の演劇評論家の劇評を批判している。私は地獄耳と言われる。聞こうと思っている訳ではないが聞こえてきてしまうのだ。

 初めての店で夕暮れの一時、見知らぬ人達の中に埋もれた孤独が心地よい。テレビはNHKの相撲のニュースである。なにやら、とても豊かな時間を過ごしたような気がする。

 午後6時45分から7時30分までの45分の滞在。お勘定は一人で2,620円であった。


  戸越酒味処「みやこや」看板

戸越銀座 酒味処「みやこや」
住所 東京都品川区戸越1-19-13 ハイツみやこ1F
電話 03-3787-2093
定休 ?
営業時間 平日11:30~13:30/17:00~10:30
交通 東急池上線戸越銀座駅下車徒歩5分/都営地下鉄浅草線戸越駅下車徒歩3分/JR大崎駅徒歩15分


にほんブログ村 グルメブログへ ←にほんブログ村の「関東食べ歩きランキング」に参加しています。こちらをクリックお願いします。

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

コメント

非公開コメント

新岳大典

新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。
http://izakaya.daitenkan.jp/
2018.1より上記のURLとなりました。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。
2011.7よりfacebook参加
https://www.facebook.com/daiten.aratake/

劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。

演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」
劇集団咲良舎公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式フェイスブックページ
ブログ「人間日和」
ブログ「楕円生活の方法」
等を運用中。

2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

FC2カウンター

地名タグ

↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

天王町 横浜 西横浜 保土ヶ谷 武蔵新田 新丸子 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 平沼橋 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

↑【新しく訪問した順番に表示されています】

ブログ内検索

居酒屋探偵団関連リンク

おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook

新岳大典作小説リンク

ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
「無料」で読めます。是非御一読ください。

月別アーカイブ

全記事表示リンク