FC2ブログ

池上 居酒屋「滝亭」

居酒屋探偵DAITENの生活 第215回  2009年5月24日(日)   【地域別】  【時間順】 



池上 居酒屋「滝亭」

  池上 居酒屋「滝亭」外観 

   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。


 日曜日の夕暮れ時、sakuraと二人、東急池上線に乗って蒲田へ行った。
 蒲田駅周辺で買い物を済ませた後、蒲田のある居酒屋に入った。煮込みやもつ焼きを食べさせる店で、値段は安いけれど、特筆する物が何も無い。すぐに外に出ることにした。それから少し歩こうということになり、蓮沼方面へと向かった
 途中、第191回で3回目の紹介をした立ち呑み「勘蔵」の前を通る。四人ほどお客さんが入っていた。一軒目の店に行っていなければ、二人ともお気に入りの「勘蔵」であるからきっと入ったに違いない。しかし、まだ歩き足りないということで、池上線の線路沿いを池上方面へと歩いた。

 東急池上線は、元は池上電気鉄道と呼ばれた。池上本門寺への参詣者輸送の為に作られた池上電気鉄道は、1922年(大正11年)に開業した際、蒲田駅から蓮沼駅を経て、池上駅までの短い区間だけであった。その後、1923年(大正12年)に雪谷駅(雪谷駅と調布大塚駅が合併して出来た現在の雪谷大塚駅より五反田よりにあった)まで伸長、その後1928年(昭和3年)になって五反田駅までの全線が開通した。さらに、この雪谷駅から奥沢方面に新奥沢線という路線が出来て、雪谷駅から諏訪分駅を経て、新奥沢で終点となっていた。1928年(昭和3年)に開設、1934年(昭和9年)に池上電気鉄道が目黒蒲田電鉄に統合されてすぐの1935年(昭和10年)に廃線となった。

 池上駅まで到着したところで、やはりどこかで休みたいということになり、改札口のあるバス・ロータリー側ではなく、踏切を渡った側の線路脇にある古い居酒屋に入ることにした。その店は、串焼「滝亭」という店である。元々「養老乃瀧」であった店が現在の串焼「滝亭」に変わったのである。
 入口から入ると、左側に四人掛けのテーブルがあり、その向こうに六人掛けのテーブルが三つ続いている。カウンター席はない。入って右側に四角く区切られた場所があり、最初はお勘定場かと思ったのであるが、実はそこは串焼きを焼く場所であった。一番奥に調理場があり、壁の色なども茶色く変色していて、全体に古く渋い作りである。
 そして、店全体がやや左に傾いている。客の側の勝手な言い分であるが、リニューアルなどせず、壊れた所を修理しながら、是非このまま維持して欲しいと思う。
 「女性一人でも安心して入れる店」などという、最近流行りの言葉の似合う店になど変わらないでいただきたい。
 私は「女性が一人で入るには躊躇われる店」に、平気で入ることの出来る女性の方に魅力を感じてしまうのである。

 入口の四人掛テーブルに男性客が一人だけ座っていた。我々は入口から二つ目の六人掛けのテーブルに座った。壁にはガス管が敷設してあり、冬は鍋料理なども出来るようである。
 まずは、私は酎ハイ(320円)をもらう。sakuraは白鶴大徳利(380円)である。お通しはタコと胡瓜の和えた物。ツマミは、レンコンはさみ揚げ(420円)、みょうがとささ身梅肉和え(420円)の二つ。
 みょうがとささ身の梅肉和えが美味しかった。お酒に合う。レンコンのはさみ揚げもとても美味い。普通に美味く、普通に安いのである。
 メニューを眺めていると、ハムカツ(250円)もあった。東京城南居酒屋探偵団団員のcroquettepunchさんに是非お教えしたい。
 「ほれぼれするようなメニューだねえ」と私が言うと、sakuraは笑っていた。

 今日のところはビールは飲まなかった。しかし、ビールの銘柄はサッポロ黒生瓶ビール大(490円)である。スーパードライなどではないところが良い。
 養老乃瀧の「養老ビール」とは、サッポロ黒生瓶ビールのことであるから、この点は「養老乃瀧」時代の名残りかもしれない。
 大徳利(380円)をお代わりして、お新香(320円)を頼む。かぶ、大根、大根葉、胡瓜、人参、それぞれが普通に美味しい。
 私は、最後にライムハイ(350円)を頼んだ。ライムハイをゆっくり飲んで、さらにリラックス。
午後6時30分から7時50分まで1時間20分ほどの滞在。お勘定は3000円ちょうどであった。

池上 居酒屋「滝亭」
住所 東京都大田区池上6-8-9
電話 03-3754-3285
定休日 月曜休
営業時間 17:00~23:00
交通 東急池上線池上駅下車徒歩1分


にほんブログ村 グルメブログへ ←ブログ村の「東京食べ歩き」に参加しています。こちらをクリックしていただくと順位が上がります。

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

池上

Comments 0