FC2ブログ

蒲田 立ち呑み「うなぎ家」

居酒屋探偵DAITENの生活 第220回  2009年5月30日(土)       【地域別】  【時間順】



蒲田 立ち飲み処「うなぎ家」

  蒲田うなぎ家外観

    ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。


 土曜日の午後、東急多摩川線沿線を歩いてみることにした。
 多摩川線は東急東横線の多摩川から蒲田に至る路線で、間に沼部、鵜の木、下丸子、武蔵新田、矢口渡があり、全線で7駅の短い路線である。
 まずは、沼部駅まで歩いて行き、電車に乗って武蔵新田で降りてみることにした。武蔵新田の町を歩き廻ったのは午後2時頃であった。気になる居酒屋が数軒あったが当然まだ開店時間ではない。武蔵新田駅の蒲田方面の改札を出て、踏切を渡り歩いてゆくと五又路に出る。その五又路の一角に以前から気になっている古い建物がある。それは「蒲焼割烹 山縣屋」という鰻屋さんであった。正面の入口は閉まっている。「土曜日は休みなのかな」等と思い、店の外観を眺めているうち、店脇の小さな入口に白い紙が貼ってあることに気づいた。その白い紙の内容を読むと5月一杯で閉店することになったという。さらに、この日は予約の方のみの営業であるということも書いてあった。永年の常連さんたちと別れを惜しむ為の営業なのかもしれない。そんなことを思っていると、一台のタクシーが目の前で止まり、中から御高齢の夫人が出てこられ、何の躊躇いもなく脇の小さな入口から店に入っていかれた。まさに永年の常連の方に違いない。

  武蔵新田山縣屋 武蔵新田「蒲焼割烹 山縣屋」

 武蔵新田から再び多摩川線に乗って、隣の矢口渡に移動、矢口渡の周辺も歩いてみた。矢口渡にも入ってみたいと思わせる焼き鳥店があった。しかし、まだ営業時間ではない。また、多摩川線に乗り、終点の蒲田駅まで移動した。
 武蔵新田「山縣屋」のことが頭にあって、散歩の後に向かったのは東急線の蒲田駅の脇にある、うなぎの串焼きを食べさせる立ち呑み店「うなぎ家」であった。「うなぎ家」という直截な店名が面白く、今まで何度か入ったことがある。しかし、常連の方々で十分繁盛している様子のこちらのお店を書くのがなんとなく躊躇われ。ところが最近、情報誌に紹介されているのを発見、もう書いても良いのではと思ったのである。

 今の季節、立ち飲み店の入口は開け放たれている場合が多い。ゆえに、煙草の煙に悩まさせる率も低くなる。気持ちの良いこの季節は、最も立ち飲み店に入りたいと思う時期である。入口を入ると「L字カウンター」が左手にある。左の横側に3人、右の縦側に6人ほどが立てば一杯である。カウンターの中の調理場には、「若い頃は女性にもてただろうなあ」と思わせる、ちょっと強面のマスターと小柄なママさんの二人がおられる。
 左手の横側に1人、右手の縦側に3人の男性が立っておられた。左手の若者以外は皆さん常連の方のようである。

 まずは、チューハイ(300円)を頼む。 つまみは、うなぎ串焼き(220円)とイカ焼き(220円)にした。イカ焼きは、イカのゲソを焼いたものとかではなく、イカ入りのお好み焼きのようなものである。
 うなぎの串焼きを食べて、イカ焼きが来たところで生ビール中(380円)を追加した。
こちらのお客さんたちはお互いによく話をする。後から女性のお客さんも加わり、店内は盛り上がってゆく。店の狭さがお互いの距離を縮めてくれるのかもしれない。
 お店にお豆腐屋さんがご用聞きに来たり、小学校の運動会が中止になった話が出たり、地元の皆さんの人と人の生活を感じさせる会話に心が和み、ヨソ者の私もまたゆっくりと心地よい酔いに包まれてゆくのであった。

 3時40分から4時10分まで30分ほどの滞在。お勘定は1,120円であった。

 さて、こちらの店では「一軒二杯二品」を守ることが出来た。しかし、この後がいけなかつた。最近、特に気に入っている立ち呑み店に向い、そこで、居酒屋探偵としてもあるまじき行為に出てしまったのであった。

 (つづく)


蒲田 立ち飲み処「うなぎ家」
住所 東京都大田区西蒲田7-64-6
電話 03-3734-0228
定休日 第一・第三日曜日
営業時間 月曜~土曜 15:00~23:00 日曜日 15:00~21:00
交通 JR蒲田駅下車徒歩2分、東急池上線・多摩川線蒲田駅下車徒歩2分

にほんブログ村 グルメブログへ ←ブログ村の「東京食べ歩き」に参加しています。こちらをクリックしていただくと順位が上がります。

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」



コメント

非公開コメント

新岳大典

新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。
http://izakaya.daitenkan.jp/
2018.1より上記のURLとなりました。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。
2011.7よりfacebook参加
https://www.facebook.com/daiten.aratake/

劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。

演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」
劇集団咲良舎公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式フェイスブックページ
ブログ「人間日和」
ブログ「楕円生活の方法」
等を運用中。

2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

FC2カウンター

地名タグ

↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

天王町 横浜 西横浜 保土ヶ谷 武蔵新田 新丸子 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 平沼橋 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

↑【新しく訪問した順番に表示されています】

ブログ内検索

居酒屋探偵団関連リンク

おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook

新岳大典作小説リンク

ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
「無料」で読めます。是非御一読ください。

月別アーカイブ

全記事表示リンク