FC2ブログ

恵比寿「陣や」「筑紫」「たつや」

居酒屋探偵DAITENの生活  第23回 2007年5月25日(金)   【地域別】  【時間順】




恵比寿「陣や」「筑紫」「たつや」


   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。



炉ばた陣や~恵比寿本陣~

 本日の集合は恵比寿駅の大エスカレーター下である。
 SAKURAの演出する最近のマリヴォー作品3本すべてに出演してくださっている俳優の五森大輔氏とSAKURAと3人で会うことになったのである。五森氏が作・演出した楽屋ランチシアター「きずな」の本番が終わり、ちょうど身体が空いたとのことなので、久しぶりに芝居話に花を咲かせようということで集まった。

 静かにじっくり話したい、だからいつもの「騒々しいディープ系の店」ではだめであるというSAKURAのリクエスト。しかも、場所は新宿、渋谷近辺というカセもきいている。そして、今日は25日の給料日の金曜日である。恵比寿といえば「和風ダイニングで恋人とまったりしている芸能人が帰り道、芸能写真誌に見つかる町」である。高い価格設定の「和風ダイニング」の数は多い、しかし、その手の店は好きになれない。待ち合わせ1時間前の時点でチェーン系居酒屋の個室は満席。だいたいにおいて、チェーン系居酒屋には私が行きたくない。なによりも私自身がホッピーが呑みたいという自己欲求を満足させたい。しかも、静かに話が出来る個室がいい。これをみつけるのは離れ業である。
 しかし、居酒屋探偵としては、依頼者のリクエストに応えられないのは恥である。恵比寿で個室があって、ホッピーが飲める店、みつけました。

 少し遅れるというSAKURAからの連絡が入った為、五森氏と二人で向かったのは、「炉ばた陣や~恵比寿本陣~」である。
 恵比寿駅東口から直進すると、五叉路がある。信号を渡り左斜めに入ってゆくと、すぐ左に、先日行った「梅暦酒店」があり、次の十字路の先に「ほりこし亭」が見える。この十字路を右折して、丁字路にぶつかる。その左角にあるのが「陣や」である。入口に店名に因んでかがり火が灯されている。

 かがり火の間を通り、店の中に入ると、目の前に15人ほど座れるカウンターがあり、カウンター席の左奥にテーブル席がある。予約していたので、すぐに通されたのは、掘りごたつになっている個室である。個室の脇には、数段あがった所に4人ほどが座れる席がおり、そこからは店内が見渡せる。私たちの通された個室は、掘りごたつを真ん中に左右に3名づつ、計6名が座れるようになっており、奥に明かり取りのような障子のはられた窓がある。左側にも細長いガラスの入った明かり取りがあり、店内の天井が見える。狭い個室の圧迫感を軽減するためのデザインに違いない。

 まずは、五森氏はウーロンハイ(380円)、私は黒樽生ホッピー(390円)を頼む。
すると、そこへSAKURAから連絡が入り、途中まで迎えにゆく。SAKURAを連れて店に戻り、SAKURAも黒樽生ホッピーをたのみ、3人でようやく乾杯をする。
 つまみは、牛スジの土手焼き(100円)、鶏レバー(150円)、鶏ハツ(120円)、ぼんじり(120円)等を3本ずつと、ホッケ(650円)、焼き空豆(480円)を頼む。

 ホッピーを飲みながら、近況などを聞いていると、突然、さきほどの明かり取りが開いた。びっくりである。「焼き物などはここからお出しします」と言われる。一種の「サプライズ」なのかもしれない。
 驚きとともに登場したのは「土手焼き」である。濃い味付けの味噌ダレの中で煮られた牛スジの土手焼きは、肉がやわらかくなるまで煮てある。まずまずである。
 次に鶏レバー、鶏ハツ、ボンジリがやってくる。どれもうまい。ホッケも半身であるが肉厚で大きかった。皮ごと焼いた空豆を大きな器にもっている様子、焼き物のサイズなど、出てくるものにボリューム感をもたせようとしているのが解る。「陣や」という名前から言っても「男らしさ」を出したいのかもしれない。
 私は2杯目にマッコリ(450円)を飲んだ。SAKURAはジャスミン茶ハイ(380円)を飲んでいた。

 酒の価格は恵比寿という場所にしては、安めに抑える努力をしている。裏通りの店であり、客を動員する為に色々と、努力と演出のあとが見えて好感がもてた。、しかし、私のようなディープ系、古典酒場系の居酒屋が好きな人間としては、今回は例外的選択といえる。個室には2時間の時間制限があった。チャージ料一人300円が必要。3人で合計は6,670円であった。

恵比寿 居酒屋「筑紫」

 五森氏より、「DAITENさんの行く店なら、もっとディープな居酒屋かと思いましたよ。」と言われ、そういう意味でもっともディープな店に案内することにする。
 「陣や」を出てすぐに右に曲がり、十字路に出ると、右手に「ほりこし亭」の看板が見え、左に「梅暦酒店」が見える。その十字路をすぎて、通りに出る手前右手にあるのが居酒屋「筑紫」である。

 店に入ると、右手にカウンターがあり、中は調理場である。左手に4人掛けのテーブルが2つ。2つのテーブルは先客で満席であった。さらに、右奥は一段高くなっていて、四畳半ほどの座敷があるが、今日は空席であった。
 「3人なんですが・・・」、ちょっと強面のマスターがカウンターを示す。カウンターは我々3人でいっぱいになった。
 3人共、焼酎お湯割り(300円)をもらう。つまみはタコ酢(500円)と高菜炒め(450円)である。SAKURAのみお湯割りに梅干し(50円)を入れる。
 「まるでドラマのセットみたいですね」と話すと、五森さんも同意してくれた。
ドリフターズのコントに出てくる「小さな居酒屋」の簡単なセットのようでもある。

 先客の皆さんはずいぶん前からのんでいる様子で、だいぶ出来上がっている。狭い店なので、トイレに行く時は、四人掛けテーブルの一人のお客さんにどいてもらわなければならない。時折、マスターが座敷に座って、常連客と話している。午後9時に入店、午後10時30分の閉店時間までいた。お湯割りを3杯づつ飲んで、合計4,200円であった。

恵比寿 もつ焼き「たつや」駅前店

 まだ話し足りないというSAKURAと五森氏の要望により、次の店を探す。すでに閉店時間になってしまっている店も多いので、こういう時は、朝5時までやっているあの店に向かう。「たつや」駅前店である。
 本当は一階席が良いのだが、やはり今日も地下に通される。ほぼ満席の中、やっと狭い通路沿いの席に入り込む。

 SAKURAと私はホッピー(430円)、五森氏はレモンハイ(430円)である。すでにお腹がいっぱいであり、一軒目でモツ焼きを食べているので、シイタケ(180円)、ギンナン(180円)、そして、ハラミ(170円)を2本づつもらい、串から外してつまむ。
 狭い通路沿いの席なので、背後をトイレに行く人が何度も通り、落ち着かない。しばらくして、「カウンター席が空いたので、そちらへどうしぞ」と言われ移動する。

 五森氏は本当に芝居を愛している俳優さんである。今日も熱く熱く語り、とても時間が足りなくなってしまい、あっという間に1時間が過ぎて、時計の針は午前0時を回っていた。
 1時間15分ほどの滞在、合計3,380円であった。
 本日の飲み代の総計は3軒3人で14,250円、1人4,750円。
 再会を約束して、恵比寿駅の山手線ホームで、それぞれ外回りと内回りに別れて電車に乗った。


恵比寿 「炉ばた陣や~恵比寿本陣~」
東京都渋谷区恵比寿1-15-4メゾン115 1F
03-3443-0577
無休 月~木 17:00~03:00 金 17:00~04:30 土・日 17:00~03:00

恵比寿 居酒屋「筑紫」
東京都渋谷区恵比寿1-6-5
03-3444-4401

恵比寿 もつ焼き「たつや」駅前店
渋谷区恵比寿南1-8-16 電話03-3710-5844(地下店)
定休日 日曜 営業時間 08:00~05:00(20時間営業)





こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

コメント

非公開コメント

新岳大典

新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。
http://izakaya.daitenkan.jp/
2018.1より上記のURLとなりました。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。
2011.7よりfacebook参加
https://www.facebook.com/daiten.aratake/
2019.10よりnoteにエッセイや小説など執筆開始。


劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。

演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」
劇集団咲良舎公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式フェイスブックページ
ブログ「人間日和」
ブログ「楕円生活の方法」
等を運用中。

2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。

 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

FC2カウンター

地名タグ

↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

神保町 和田町 天王町 星川 二俣川 桜木町 日ノ出町 野毛 上大岡 黄金町 阪東橋 西横浜 大口 横浜 元住吉 綱島 保土ヶ谷 武蔵新田 新丸子 西谷 菊名 蒲田 平沼橋 吉田町 所沢 自由が丘 雪谷大塚 藤沢 戸部 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 王子 十条 山下 豪徳寺 世田谷 深川 

↑【新しく訪問した順番に表示されています】

ブログ内検索

居酒屋探偵団関連リンク

おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook

新岳大典作小説リンク

ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
「無料」で読めます。是非御一読ください。

月別アーカイブ

全記事表示リンク