FC2ブログ

祐天寺 居酒屋「大樽」祐天寺店

居酒屋探偵DAITENの生活 第253回 2009年8月29日(土) 【地域別】  【時間順】


祐天寺 大衆割烹「大樽」祐天寺


 
   祐天寺大樽看板   にほんブログ村 グルメブログへ ←「東京食べ歩き」参加中。

 10月21日、22日、23日の3日間、両国のシアターΧ(かい)で上演する、マリヴォー作「本気の役者たち」の公演に必要な写真撮影の為、15名の出演者のうち、13名が東急東横線の祐天寺近くに集まった。
 午後9時過ぎに撮影を終え、祐天寺駅前で解散。SAKURA創間元哉君、古い友人で、「居酒屋探偵DAITENの生活」ではGAIという名前で登場してきた俳優の春日井順三、そして私の四人で飲むことになった。

 向かったのは、中目黒に何軒もの店を展開している地域居酒屋チェーン「大樽」祐天寺店である。祐天寺駅前のロータリーに出ると、右手すぐに線路沿いの道がある。その道には行かず、ロータリーの右側のタクシー乗り場のある歩道を行き、次の道を右に曲がるとすぐ右手、建物の二階に、大衆割烹「大樽」祐天寺店がある。
 階段の下の辺りに「オールタイム、レモンサワー、チューハイ130円。大瓶ビール390円」という看板が出ている。いつもながら我々貧乏な演劇人には心強い看板である。(下写真)

  祐天寺大樽安売 ← 入口左に、オールタイム、レモンサワー、チューハイ130円。大瓶ビール390円の文字。

 第251回で書いた通り、最近のサントリーの「角ハイボール」のキャンペーンは凄い、こちらの「大樽」さんにもちゃんと入口に看板が出ていた。(写真)。しかし、「大樽」さんでは、角ハイボールシングルを280円、角ハイボールダブルを400円という、安い価格で提供してくれている。400円のダブルを何杯も飲めばかなり酔えるに違いない。いわゆる焼酎のハイボールである「チューハイ」と変わらない値段で売るようにすれば、再びウイスキー・ハイボールのシェアが増えるのではないかと私は思っている。ただし、酒税が今後どう変わってゆくかによって話は違ってくる。

  祐天寺大樽ハイボール ← 入口右に「ハイボールはじめました」の文字。

 四人で階段を上がると、店内は空いていた。やはり、土曜日の住宅街、午後9時30分を回ると静かである。入って右手奥には、いつもSAPのメンバーと座る30人以上が座れる広い座敷が見える。今日は5、6人のグループ客が一組だけであった。比較的余裕のある置き方のテーブル席は40席ほどであろうか。

 まずは、定番のサッポロ赤星大瓶(390円)を2本頼んで乾杯をする。本当に安い。つまみは、水餃子(500円)、白菜キムチ(380円)、焼きうどん(480円)、焼きなす(430円)を頼む。粉物で少しお腹を一杯にしてから飲む。
 ビールの後は、レモンサワー(130円)を3杯とチューハイ(130円)を1杯、これも本当に安い。しかも、タイムサービスとか、一杯目のみとかではない、オールタイム130円である。これは驚異的な安さである。もちろん、濃いとか薄いとか無粋なことは言ってはいけない。

 私がホッピーに切り替えると、GAI創間君ものってきた。ホッピーセット(350円)を3杯、しかも全員が氷なしである。
 こちらの「大樽」で働く女性たちは、アジア圏、特にインド系の皆さんが多い。居酒屋に来たのにインド料理店にいる気分になる。「ホッピー氷無し」の注文を受けたインド系の女性の方は、ちゃんと氷をいらないということを解ってくれた。冷蔵庫で冷やしたジョッキに冷えた焼酎を入れ、冷えたジョッキと共に持ってきてくれる。インドの方にも「3冷」が解るというのがうれしいではないか。

 美味しいホッピーはすぐに飲んでしまった。
 さらに、塩キャベツ(250円)を頼み、SAKURAもホッピーセット(350円)。残りの3人は、再びレモンサワー(130円)を3つ。厚揚げ(330円)と、大サービスと書いてあるさんま塩焼き(250円)も頼んだ。
 やはり、秋はさんまである。塩焼きが美味しかった。
 
 午後9時30分から11時00分まで1時間30分ほどの滞在。お勘定は4人で7,300円であった。これだけ飲んで食べて一人1,825円はやはり安い。

 この後、大酒飲みの芝居屋四人は、祐天寺駅前のタクシー乗り場脇のベンチに座った。急いで東横線の高架下にある東急ストアまで走り、500mm缶チューハイを4本買ってきた。通行人の皆さんやすぐ前の交番の巡査の方から白い目で見られながら缶チューハイを飲み、芝居話に花が咲く。秋風が心地よい。季節の良い時に外で飲むのは本当に楽しい。途中、もう一度同じものを買ってくる。二次会は居酒屋には行かず、外で飲むことが多いのだ。もっと若いメンバーは、居酒屋に行かず最初から公園ということも多い。近隣の皆さん、静かに飲みますので、「今はそういう時代なのだ」と、お許しいただきたい。誰もが「居酒屋」に気軽に行ける、そんな日本であって欲しいものである。

 ********************

両国 シアターΧ シアターコレクティブ実験劇場2009「本気の役者たち」公演情報

 ********************


祐天寺 大衆割烹「大樽」祐天寺店
住所 東京都目黒区祐天寺2-14-3 2階
電話 03-3710-7872 
定休日 無休
営業時間 16:30~24:00
交通 東急東横線祐天寺駅下車徒歩1分。


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

コメント

非公開コメント

新岳大典

新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。
http://izakaya.daitenkan.jp/
2018.1より上記のURLとなりました。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。
2011.7よりfacebook参加
https://www.facebook.com/daiten.aratake/

劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。

演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」
劇集団咲良舎公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式フェイスブックページ
ブログ「人間日和」
ブログ「楕円生活の方法」
等を運用中。

2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

FC2カウンター

地名タグ

↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

天王町 横浜 西横浜 保土ヶ谷 武蔵新田 新丸子 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 平沼橋 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

↑【新しく訪問した順番に表示されています】

ブログ内検索

居酒屋探偵団関連リンク

おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook

新岳大典作小説リンク

ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
「無料」で読めます。是非御一読ください。

月別アーカイブ

全記事表示リンク