FC2ブログ

自由が丘「金田」「阿波の里」

居酒屋探偵DAITENの生活  第24回 2007年5月29日(火)   【地域別】  【時間順】




自由が丘「金田」~「阿波の里」


   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。




城南地区の名居酒屋「金田」

 今日は珍しく独り酒である。
 自由が丘駅のロータリー側、ガード下に出る改札を出て右に行くと、左手の角にスターバックスコーヒー店がある。そのスタバの角を左に曲がって10メートルほど行った左手に、今日の目的の店、城南地区の名居酒屋、自由が丘「金田」がある。

 店に入ったのは午後8時頃であった。中に入ると、大小2つのコの字カウンターがある。2つのコの字カウンターの間の引っ込んだ部分の奥に席を見つけ、左右のお客さんに頭を下げながら入り込む。落ち着く場所である。子供の頃、我が家がカウンター席だけの「とんかつ店」をやっていた。ゆえに、カウンター席の端が一番落ち着くのである。

 今日は何かデリケートなものを食べたいと思い、「金田」に来たのである。やはり、燗酒がそんな気分には合う。菊正(420円)の燗酒をいただく。つまみは、自家製胡麻豆腐(530円)と豆アジ唐揚げ(450円)をお願いする。

 店内は、この店独特の上品な雰囲気が流れている。大声で注文を叫ぶ者もいないし、大声で笑う者もいない。隣の男女客が食べ物について店の人に質問をしている。それに店の人はきちんと答えている。
 胡麻豆腐がやってきた。一口食べてみて、その舌ざわりに驚く。しっかりとした舌ざわりである。本当にこの舌ざわりが心地良い。久しぶりにうまい胡麻豆腐を食べた気がする。
 次に、豆アジ唐揚げがやってきた。3センチほどの豆アジが30匹以上もある。油っこくなくて、良い酒のツマミである。これは酒がすすむ。常温の白鷹(480円)を追加した。

 酒がいい具合に身体に染み渡ってくる。煩わしさとか、うるささを感じることなく、独り静かに酒を飲むことの出来る「金田」は、本当に貴重な大人の店と言える。
 会計をお願いすると合計1,880円。「ありがとうございました」という言葉と店主の笑顔に見送られ、外に出たのは午後9時頃であった。
 

自由が丘 もつ焼き「阿波の里」

 すっかり良い気分になってしまっているので、そのまま帰る気にはなれない。もう一杯だけ飲みたいのである。他の街ならば、しばらく店を探して歩くのだが、自由が丘ではそうしない。私が好むような店がこの地域辺りに限定されていることを知っているからである。

 次の店は金田から5メートルほどしか離れていない。もつ焼きの「阿波の里」である。店を入ると右側に10名ほど座れるカウンター席がある。左側には4人掛けのテーブルが5つほど並んでいる。

 ホッピー(550円)を注文する。自由が丘値段であろうか、ホッピーの価格としては高い。それでも、一杯だけと決めて入った店である、ホッピー好きは飲んでしまうのである。
 「上品なもの」の後に、煮込み(500円)を食べたい気持ちになった。焼き物は、たん(100円)、はつ(100円)。若鳥(120円)を一本づつ頼む。
 やがて、煮込みが出てきた。「大大大満足」とタンザクに書いてある通り、一人で食べるには多すぎる量であった。大根、豆腐が主体の味噌仕立て、「白飯にかけて食べたらうまいだろうな」と思う。
 焼き物には、辛味噌と辛子の両方がたっぷりついてきた。そして、肉もおおぶりであった。今回は30分ほどの滞在で、会計は1,350円。

 今日の独り酒は、「上品なもの」と「猥雑なもの」、2つのセンスを味わうことができた。自由が丘のこの一角は不思議な場所である。
 「親父に残されたオアシス」と、つい〈ありふれた表現〉を使ってしまいたくなる。この残されたオアシスが、下北沢のそれのように消えてしまうことのないように願うばかりである。



自由が丘 居酒屋「金田」
東京都目黒区自由が丘1-11-4
03-3717-7352
日曜祝日休 営業時間17:00~21:30


自由が丘 もつ焼き「阿波の里」
目黒区自由が丘1-12-9 自由が丘センタービル1F
日曜休 営業時間15:30~23:00


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

コメント

非公開コメント

新岳大典

新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。
http://izakaya.daitenkan.jp/
2018.1より上記のURLとなりました。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。
2011.7よりfacebook参加
https://www.facebook.com/daiten.aratake/
2019.10よりnoteにエッセイや小説など執筆開始。


劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。

演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」
劇集団咲良舎公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式フェイスブックページ
ブログ「人間日和」
ブログ「楕円生活の方法」
等を運用中。

2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。

 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

FC2カウンター

地名タグ

↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

神保町 和田町 天王町 星川 二俣川 桜木町 日ノ出町 野毛 上大岡 黄金町 阪東橋 西横浜 大口 横浜 元住吉 綱島 保土ヶ谷 武蔵新田 新丸子 西谷 菊名 蒲田 平沼橋 吉田町 所沢 自由が丘 雪谷大塚 藤沢 戸部 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 王子 十条 山下 豪徳寺 世田谷 深川 

↑【新しく訪問した順番に表示されています】

ブログ内検索

居酒屋探偵団関連リンク

おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook

新岳大典作小説リンク

ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
「無料」で読めます。是非御一読ください。

月別アーカイブ

全記事表示リンク