FC2ブログ

矢口渡 焼鳥「鳥勢」

居酒屋探偵DAITENの生活 第259回 2009年9月12日(土) 【地域別】  【時間順】



矢口渡 大衆酒場「鳥勢」


 矢口渡鳥勢外観   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  ←クリックお願いします。

 東急多摩川線は、東横線と目黒線との乗り換え駅である多摩川駅から蒲田駅に至る短い線であり、多摩川駅、沼部駅、鵜の木駅、下丸子駅、武蔵新田駅、矢口渡駅、蒲田駅と七つの駅がある。
 土曜日の午後である。多摩川線に乗って、蒲田駅から一駅目の矢口渡駅近くの店に入ってみることにした。東急多摩川線のお店を紹介するのは始めてである。

 矢口渡「やぐちのわたし」と読む。演歌の名曲として有名な「矢切の渡し」と似ている。「矢切の渡し」は、千葉県松戸市の矢切(やきり)から寅さんで有名な柴又に至る、江戸川を渡る渡し船であり、今もお客さんを運んでいる。これに対して、矢口渡という駅名の由来となった多摩川の渡し船、「矢口の渡し」は、1949年に無くなっている。因みに、北総線に矢切駅という駅はあるが「矢切渡」という駅は存在しない。

 矢口渡駅の多摩川方面の改札を出る。出て左に30メートルほど歩いた左手に今日の店、大衆酒場「鳥勢」がある。東急多摩川線沿線は中小の工場の多い地域であり、同時に川崎等の大手の工場で働く人々が住む住宅街でもあった。ゆえに、古い商店街があり、働く人々相手の大衆酒場も存在する。昭和55年創業の大衆酒場「鳥勢」はそんな店の一つである。こちらのお店については、「吉田類の酒場放浪記」でも紹介されていた。

 写真で見る通り、間口の広い店である。正面から見ると、左手には持ち帰りの焼き鳥を売る焼き台がある。真ん中には青い暖簾の入口。右手には格子があり、その前に常連の皆さんの自転車をたくさん止めることが出来る。

 暖簾をくぐって中に入ると、間口だけではなく奥行きもある。左手に大カウンターがあって、15人は座れるに違いない。右手側には七人位が座れる小上がり座卓が六つあって、その中の奥の2つは少し高くなっており、区切られている。「小上がり」という言葉を使うのが躊躇われるほど、この客席は立派であり、壮観である。

 まずは、ハイサワー(350円)をもらう。お通しのマグロ煮付け(210円)が一緒に渡される。
 壁に無数の品書きが貼ってある。ざっと数えて100種類ほどであろうか。焼き鳥だけではなく、刺身や魚介類も多く、食事メニューも豊富だ。
 たん(100円)、はつ(100円)、かしら(100円)、なんこつ(100円) 、とりなんこつ(120円)をもらう。さらに、厚揚げ(350円)も頼んだ。
 最初、15名の大カウンターには手前に7人ほど、奥の方に2人のお客さんが座っていた。奥の方々との間に2人分の席を空けて席に座った。
 そこへやがて女性2人のお客さんがいらした。入口の方から詰めて座りたい様子であり、荷物も多いので、私が右に席をずれた。どうやら、カウンターの中の女将さんの前に座りたいようである。

 2杯目はホッピー(420円)を頼む。「氷なしでお願いします」と、いつものように言葉を添える。お店側でちゃんと作ってくれる「3冷ホッピー」には、もちろん瓶はついてこない。他の方のホッピーセットは氷ありなので瓶がついてきていた。

 さらに、中年のカップル客が入ってこられた。7人用の大きな卓は、たくさん空いている。お店の方がそちらの席をすすめるが、やはり、こちらの店ではカウンターに座りたい方が多いらしい。カウンターの中の女将さんやお店の方々とのやりとりが大切なのはとても解る。再び、席を右にずれて譲った。一番奥の残った席にも一人客の方が座って、カウンターは満席になった。お客さんたちは、楽しそうに満席のカウンターで飲んでいる。

 最後に、酎ハイ(350円)を飲む。酎ハイを飲みながらお店の皆さんの様子を観察する。印象に残ったのは、女将さんがきちんと目配りをして全体を仕切っていること。
 土曜日であり、平日とは異なるかもしれないが、全体に客筋も良い。席を譲れば挨拶をしてくれる。客同士がちゃんと譲り合い、きちんとした雰囲気が漂っている。ひとつ驚いたことは、長いカウンター席が満席なのに、誰一人として煙草を吸わないことである。偶然かも知れないが隣の人の顔の前で煙草の煙を吐くような人は一人もいないのであった。

 約1時間ほどの滞在。お勘定は2,200円。女将さんの元気な声におくられ、「おいしかったですよ」と言って外に出る。


  矢口渡鳥勢看板

矢口渡 大衆酒場「鳥勢」
住所 東京都大田区多摩川1-20-12
電話 03-3750-2462
定休日 日曜
営業時間 11:30~13:30 17:00~23:30
交通 東急多摩川線矢口渡駅下車徒歩1分。


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

コメント

居酒屋探偵DAITEN

良い店は残りますね
croquettepunch様

居酒屋探偵DAITENです。

恐縮です。

昭和55年(1980年)創業ですから、もう30年近く続いているお店です。
良いお店は残りますね。この後も是非続けて欲しいものです。

新しいお店をあまり紹介しないのは、すぐに無くなってしまう可能性が
あるからです。まあ、個人店は頑張ってくれる場合が多いのですが、
チェーン店はすぐに撤退してしまいますね。
今日も、あるチェーン店を見つけました。このチェーン店は、
最近、城南地区に増えている店で、多くの方が紹介されています。
私もするかどうか考えております。

もっと、もっと、古典酒場を探して、いろいろな街を歩きたいと思います。

croquettepunch

そうなんですね!
ここ!やっぱり素晴らしいですね.
入ったことは無いんですが,表からも銘店のエナジーをビシバシ感じるお店でした.その時は別件があったのでスルーしましたが,次回は是非モンでやんす!
やっぱり城南のことは団長に教えていただくのが一番ですねえ.
非公開コメント

新岳大典

新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。
http://izakaya.daitenkan.jp/
2018.1より上記のURLとなりました。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。
2011.7よりfacebook参加
https://www.facebook.com/daiten.aratake/

劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。

演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」
劇集団咲良舎公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式フェイスブックページ
ブログ「人間日和」
ブログ「楕円生活の方法」
等を運用中。

2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

FC2カウンター

地名タグ

↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

天王町 西横浜 保土ヶ谷 武蔵新田 新丸子 横浜 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 平沼橋 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

↑【新しく訪問した順番に表示されています】

ブログ内検索

居酒屋探偵団関連リンク

おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook

新岳大典作小説リンク

ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
「無料」で読めます。是非御一読ください。

月別アーカイブ

全記事表示リンク