FC2ブログ

武蔵小杉 割烹「こすぎ」(大樽)

居酒屋探偵DAITENの生活 第354回 2010年7月24日(土) 【地域別】  【時間順】



武蔵小杉 割烹「こすぎ」(大樽)



 武蔵小杉割烹こすぎ外観

 ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。


 土曜日の午後である。用事を済ませた後、東横線の武蔵小杉へ向かった。酷暑の中、ずいぶん巡り巡ってからやっと入った店は、始めての訪問でありながら、どこか見覚えのある店であった。東急東横線の武蔵小杉駅南口の改札を出て、東急ストア脇の通路を行くと小さな駅前広場に出る。目の前を見ると「センターロード小杉」と書かれた黄色いアーケード看板が見える。その看板の下をくぐって路地に入り、右手のさらに細い路地との角に、その店、割烹「こすぎ」はある。
 店の外側にどこかで見た看板がある。そこには、「オールタイム大サービス、ビール(大瓶)・・・390円、レモンサワー・・・100円、チューハイ・・・100円」と書かれている。店の前には「レモンサワー、チューハイ、オールタイム100円」という手作りの大きな看板も置いてある。学祭の模擬店の看板を思い出した。
 東急東横線の中目黒あたりで飲むことの多い方は、すぐに気づかれるかもしれない。「割烹こすぎ」という店名ではあるけれど、実は中目黒祐天寺を中心に展開する地域居酒屋チェーン「大樽」の支店なのである。

 営業時間は4時30分から24時となっており、年中無休である。しかし、店に入ったのは午後3時15分であった。土曜だけかもしれないけれど、早く店を開けてしまい開店準備をしているのである。実際に調味料を入れ替えたり、割り箸を追加したりしながら注文に応えていた。
 店内に流れるのは演歌。北島三郎や藤圭子である。店内で働くのは、中目黒の店がそうであるように、インド系の女性である。中目黒の店で見たことのある顔だ。この人は日本語が上手である。

 一杯目はホッピー(400円)にする。原理主義的に飲もうと思い、氷を2、3個だけ入れてもらう。しかし、実際には冷えた生ビール用ジョッキに焼酎を入れて、冷えたホッピーと共に出してくれた。
 竹輪や野菜をマヨネーズであえたお通し(200円)が来る。もつ煮込み(330円)を頼む。シロと根菜類をよく煮たもので、量もちゃんとある。

 ほぼ正方形の店内。入って左側には大きな長テーブルがひとつ。テーブルの右側にだけ椅子を8個ならべてカウンター席のように使っている。一番奥に4人掛テーブルが2つ。中央に6人掛けテーブルが6卓、8人掛けが1卓。右側の小上がりは四人掛けが四つ。一階だけで70人以上が座れる計算になる。入って左手には二階へあがる階段もある。二階席も広いのであろうか。置かれているテーブルや椅子にバラバラなものが使われている点も含め、中目黒や祐天寺の「大樽」の各支店にとても似ている。まるで「海の家」のような簡易な作りである。

 冷やしトマト(330円)を頼んだ。
 店内には、6人席の一つにギャンブルの作戦会議中の3名の皆さん。壁際の席に男性客が1人。その方は店内の様子をデジタルカメラに納めていらっしゃった。
 しばらくして、3人連れの方が二組来られ、テーブル席とこあがり席に座られた。
 2杯目はチューハイ(100円)を頼む。ジョッキに入って出てくる。健康に良い濃さである。

 壁を見るとメニューは無数にある。安い価格のメニューもたくさんあるけれど、中にはエビと野菜のラー油炒め(680円)など700円前後の少し高めのメニューもある。

 入口に杖をついた人生の大先輩の方がやってきた。お店の女性が迎えにゆく。何か質問をされたようだ。女性がその場を離れると、私と同じ6人席の向こう端に1人で座られた。目が合うと軽く会釈をされる。私も会釈をした。
 しかし、女性が戻ってきて、大先輩を少し離れた別の席に連れて行ってしまった。その席の方が椅子やテーブルの配置からいって、帰る時も出やすいのかもしれない。
 「瓶ビールですか?」と聞く女性。常連の方に違いない。サッポロ黒ラベルは450円である。
 「(うなずいて)今日は早いね」
 「今日は3時からです・・・うなぎの蒲焼きと瓶ビールですね」
 大先輩は、うなぎ蒲焼き(530円)も頼んだようである。もしかしたら、店に入ってきてうなぎの蒲焼きの有無を聞かれたのかもしれない。
 そういえば、明日は土用の丑の日である。近くには、第22回第136回で紹介したうなぎを食べさせるお店があったことを思い出した。しかし、時間も早いのでまだ開店していないに違いない。

 お勘定をお願いする。2杯2品とお通しで1,360円であった。午後3時15分から4時5分まで50分ほどの滞在。

 外に出て、東急東横線の西側の道を歩いてみた。武蔵小杉駅周辺は大規模再開発の真っ最中である。その中でも南武線の南側であり、東急東横線の西側にあたる地区には2012年10月に地上37階地下3階のビルが建つそうである。下層階は商業施設や図書館が入り、上層階はマンションになるという。武蔵小杉駅周辺の再開発の中でも最も注目される建物ではないだろうか。この出現によって、ついに武蔵小杉はまったく違う街になってしまうに違いない。

  ※   ※   ※
 
 この後、別の街のある店に入ってみた。ずっと前から気になっていた店である。店の構えもシステムもとても変わっている。しかし、難易度があまりに高いと判断して記事の掲載は見送った。


 武蔵小杉割烹こすぎ看板

武蔵小杉 割烹「こすぎ」(大樽)
住所 神奈川県川崎市中原区小杉町3-430-1
電話 044-722-3556
定休日 無休
営業時間 16:30~24:00
交通 東急東横線・目黒線武蔵小杉駅南口徒歩1分/JR武蔵小杉駅改札より徒歩3分

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ SAKURA ACTING PLACE 公式サイトへ

コメント

居酒屋探偵DAITEN

Re: 小杉センターロード
南武侍様

居酒屋探偵DAITENです。

> かなり前に一度入った事がありますが、まさか居抜きで違う店になっていたとは…。少し前に通ったら何か雰囲気が変わっていたのはわかったのですが、激安看板が怪しくて入れませんでした…。これで入れます。

それはそれは・・・お役に立ててうれしいです(笑)。
店内メニューと激安看板との価格差があったりして、なれないうちは心配になりますね。
ちゃんとメニューを研究すれば、とても安く飲めるお店です。


非公開コメント

新岳大典

新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。
http://izakaya.daitenkan.jp/
2018.1より上記のURLとなりました。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。
2011.7よりfacebook参加
https://www.facebook.com/daiten.aratake/

劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。

演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」
劇集団咲良舎公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式フェイスブックページ
ブログ「人間日和」
ブログ「楕円生活の方法」
等を運用中。

2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

FC2カウンター

地名タグ

↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

天王町 西横浜 保土ヶ谷 武蔵新田 新丸子 横浜 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 平沼橋 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

↑【新しく訪問した順番に表示されています】

ブログ内検索

居酒屋探偵団関連リンク

おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook

新岳大典作小説リンク

ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
「無料」で読めます。是非御一読ください。

月別アーカイブ

全記事表示リンク