FC2ブログ

高田馬場 炭火焼き「鳥やす支店」 

居酒屋探偵DAITENの生活 第419回 2011年4月30日(土) 【地域別】  【時間順】





 高田馬場 炭火焼き「鳥やす支店」


 高田馬場焼鳥鳥やす支店外観


   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。


 修復工事の為、親友のGAI父の墓を訪れるのも3回目となった。前回の植木の撤去工事に続いて、今回はセメントを使った工事であった。
 親友と二人、田園風景の広がる地域にある小さな霊園の一画、どこまでも続く「高圧線」の下で、セメントをこね、コテを使い、「墓」を修復している。この行為そのものが「葬儀」の一部のように思え、ドラマの1シーンのようであった。GAIは丁寧に仕事をしてくれた。静かに作業を続けていると、様々な思い出が甦ってくる。そして、「この時代、我々はどこへ行くのだろうか?」。そんなことばかり考えてしまう。墓に手を合わせ、40年前に別れたその人に「またくるね」と声をかけて、その場を離れた。

  ※  ※  ※

 予定の作業を終え、西武新宿線に乗り、高田馬場をめざした。
 高田馬場駅で降り、東口側のロータリーを渡る。若い日々、この街をGAIと共に時々訪れた。私にとっては一時期毎日通った街でもある。

 早稲田通りを渡り、東に向かって少し歩く。当時と同じように目的の店、炭火焼き「鳥安支店」の前まで行ってみた。開店の時間まで1時間近くある。そこで、例によって、コンビニで缶ビール(低カロリー発泡酒)を買い、すぐ裏の方を流れる神田川までゆく。川沿いの車止めに座り、二人並んで飲んだ。また、今日も供養の酒である。両岸から張られたロープに鯉のぼりがたくさんさげられ、風にそよいでいる。こういう風景を眺めるのは久しぶりであった。(写真)

  高田馬場鯉のぼり ← 神田川の鯉のぼり

 再び、「鳥やす支店」の前まで戻った。5時の開店まで10分ほどあった。店内は暗い。男女の若者グループが遠巻きにして、心配そうに中をのぞいたりしている。そこで、店の中に入って「外でたくさん待ってますよ」と声をかけてみた。「ちょっとお待ちください」の声。すると、「ありがとうございます」と育ちの良さそうな女学生らしき女性が笑顔で言ってくれる。

 ほんの少しだけ早めに開けてもらい、我々は奥へすすむ。

 「おいおい、あの子たちより先に入っちゃうのかよ」とGAIが背後で心配している。そう言われてみればそうである。でもどんどん進んでしまうのであった。

 第141回第244回で紹介した炭火焼き「鳥やす本店」は有名店である。どちらの回もやはり父の墓参りの帰りであった。第141回で紹介した時点では、こちらのお店が「鳥やす」さんの支店であることをすっかり失念してしまっていた。やはり、30年の月日が流れたのである。
 その後、思い出して、一度是非あのころのようにGAIと二人で来店したいと思っていたのである。
 因みに、本店は吉田類さんも紹介されている。

 大根おろし小(60円)がお通しとして二つ出てくる。飲み物は生ビール中(380円)を2つ頼む。
 焼き物はぼんちり(70円)を4本、なん骨(80円)を2本、ホーデン(90円)を2本頼む。
 こちらのお店の特徴は煮込みが二種あること。その二種類を両方頼む。もつ煮込(300円)と手羽先と根野菜の煮込み(300円)である。

 焼き物がやってくる。GAIホーデンを懐かしむ。

 「もっと丸かったような気がするなあ」と言う。
 ちょっと平べったいホーデンであった。
 また、「このぼんちりはうまいなあ」と絶賛である。

 2種類の煮込みがやってくる。両方ともそれぞれに違った旨みがある。

 酒富翁常温(320円)を2杯頼んだ。利き酒一合ぐい呑みが2つ置かれ、そこに一升瓶で酒が注がれる。真っ白な器の底に藍色の同心円が2つ描かれている。いわゆる「蛇の目」である。このぐいのみを使って酒を飲むのは久しぶりだ。是非、家に置いて使いたいと思う。

 右端に「目に言う」と書かれた手書きメニューを眺める。様々なものがある。メニューが楽しい店はよい。

 午後5時から6時まで1時間ほどの滞在。御勘定は2人で2,880円(税込)であった。

 若者グループは入口を入って右手の大きなテーブル席に座ったようだ。さきほどの若い女性と目が会うと、笑顔で会釈をしてくれた。周りの若者たちもつられて頭を下げてくれる。さきほどより人数が増えている。この街の隣町にある有名大学の皆さんだろうか。こんな小さなことがうれしいのである。
 
 さて、ホーデンを食べ、般若湯が入ってすっかり御機嫌がよくなってしまった願人坊主二人は、次の「お寺」へと向かうのであった。


 (つづく)


  高田馬場焼鳥鳥やす支店看板

高田馬場 炭火焼き「鳥やす支店」
住所 東京都新宿区高田馬場2-14-4
電話 03-3209-9987
営業時間 月~土・祝前11:30~15:00/月~日・祝・祝前17:00~23:30 
定休日 日曜日(第3日曜は営業)
交通 JR高田馬場駅徒歩3分

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」
 

コメント

新岳大典

Re: レディホーデン
GAI殿

> 新たなステージへ進むための「葬儀」

実はそうなんだよ。
あのまま芝居にしてもいいな・・・なんて考えてた。
新たな「ステージ」を用意しなければ。
本当にお疲れ様でした。次回もよろしく。

> 石棺作業は成功しただろうか?

どうなっているだろうか? でもこの場合は「命」がかかっているわけでもないし、逆に楽しみだなあ。
次回は、我が「居酒屋探偵DAITENの生活」の主要登場人物の一人、OZAKI先生も参加しての砂利作戦だね。

> 鳥やすの焼き鳥は、大好物だな。
> 思い出酒場です。

当時のSAKURAの稽古場もあった。高田馬場はお互い縁のある街だね。
本店は行っていないと言っていたね。また、機会があれば本店にも行ってみましょう。
ではまた、よろしくお願いします。

GAI

レディホーデン
新たなステージへ進むための「葬儀」
俺がセメントをこねている間に、
そんなことを感じていたのですね。
こっちは、しゃがみっぱなしで、
腰が痛くてさ。もう歳だな。
先がないな。って思ってたのにぃ。笑
セメントが乾燥するまでは待機できなかったからな。
石棺作業は成功しただろうか?

鳥やすの焼き鳥は、大好物だな。
昔、昔の話。馬場に住んでいた女性とさ。
度々、呑みにいったもんさね。
ホーデンはいつも頼みました。
彼女は、共食いと笑ってたな。
思い出酒場です。
非公開コメント

新岳大典

新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。
http://izakaya.daitenkan.jp/
2018.1より上記のURLとなりました。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。
2011.7よりfacebook参加
https://www.facebook.com/daiten.aratake/

劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。

演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」
劇集団咲良舎公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式フェイスブックページ
ブログ「人間日和」
ブログ「楕円生活の方法」
等を運用中。

2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

FC2カウンター

地名タグ

↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

天王町 西横浜 保土ヶ谷 武蔵新田 新丸子 横浜 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 平沼橋 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

↑【新しく訪問した順番に表示されています】

ブログ内検索

居酒屋探偵団関連リンク

おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook

新岳大典作小説リンク

ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
「無料」で読めます。是非御一読ください。

月別アーカイブ

全記事表示リンク