FC2ブログ

新丸子 もつ焼き「けんもつ屋」第3回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第425回 2011年5月13日(金)【地域別】  【時間順】  【がっかり集】



 ※すでに閉店・移転

 新丸子 もつ焼き「けんもつ屋」 第3回


  
     新丸子けんもつ屋外観

    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→


 OZAKI先生と一緒に前回の店を出てから新丸子駅の西口側を歩いた。
 私はすでに食事を済ませており、OZAKI先生はとても小食なので、ちゃんとした居酒屋よりも串焼きを少し焼いてもらって飲むのが良いのである。
 そこで、今日の二軒目ももつ焼きということになった。こちらのもつ焼き「けんもつ屋」さんを前回紹介したのは第135回2008年8月30日である。
 
 店の左端にある曇りガラスの引き戸をあけて入ると、すぐ右手にL字カウンターがある。L字の手前の短い側に3席、奥側の長い側に8席ほどが座ることができ、カウンターの中は調理場、その先に焼き台がある。

 カウンター席は、ほぼ満席。カウンターの向こう側に4人掛けと2人掛けのテーブルがある。2人掛けのテーブルがちょうど空いていたのでそこに座った。

 OZAKI先生ホッピーセット(500円)、私はレモンハイ(430円)にした。

 焼き物を頼む。タン(70円)、ハツ(70円)、鳥皮(90円)、ネギ(90円)、シシトウ(90円)を各1本ずつ。タンやハツが70円という単価は変わっていない。鳥皮好きのOZAKI先生は、こちらの鳥皮がお気に入りの様子。

 客層が以前よりずいぶん若くなっていると感じた。しかし、常連さんが集まってくるお店であることは変わらない。後から後からお客さんが入ってくる。声を掛け合い、席を譲り合い、楽しそうである。
 だが、に来た時、焼台の前に立っておられたお父さんの姿はなかった。

 OZAKI先生がトイレに行き、戻ってきた。こちらのトイレはカウンターの一番端のお客さんにどいてもらわないと入れない位置にあるので、ちょっとたいへんである。

 「なんだか、『天国への階段』が頭に浮かんだんですよね」とOZAKI先生
 「何故、レッド・ツェッペリンの曲なのかねえ・・・」と私。
 「不思議ですよね・・・ロックっていえば、あの人つかまっちゃいましたよね・・・ええと」
 「ああ、シェケナベイビーね」
 「なんか、かなりの年齢なのに、いつまでも凄いですよね・・・」
 「ロックンロールしちゃってるんだなあ・・・」

 壁に「店内撮影禁止」と書いてあるのが面白かった。酔っぱらって他のお客さんを撮影しまくってしまった方がいたのか。

 遅くなって、常連らしき方々がまた入ってこられた。席を譲ることにして、「ここ空きますよ」と声をかけて御勘定をしてもらった。
 午後9時50分~10時30分。40分ほどの滞在であった。支払った金額は1,340円。

 外に出て、武蔵小杉駅方面へ歩く、第5回で紹介した「まるみ」の前を通ってから武蔵小杉駅のロータリーを渡り、駅の北側から南側へと移動する。東横線の武蔵小杉駅西口側の飲み屋街を歩いた。

 狭い路地を歩いている時のことである。
 二人で並んでいると背後から若い女性がやってきた。OZAKI先生が大きな身振り手振りで話している。私が気づいてこう言った。
 「先生、じゃまだよ」
 すると、若い女性が間髪を入れず、こう言ったのである。
 「先生、どいて!」
 OZAKI先生と私が道を譲ると、どんどん先に行ってしまい、その女性は角の灰皿のある場所で煙草を吸い出した。
 
 少し離れてから二人で笑いあう。なんだか腹も立たない。
 
 「なんか、川崎の路地裏にいるって感じですよね」と喜ぶOZAKI先生
 「すごい、タイミングがよかったよな、あのコ」と私。
 「そうですよね、すかさず、先生、どいて!ですものねえ」とOZAKI先生
 「先生、どいて!」
 「先生、どいて!」

 つまらないことで喜ぶ川崎市生まれの酔っぱらい二人であった。
 
 それから「道端居酒屋」を決め込んで、缶ビールやワンカップなどを飲みながら駅前で話した。
 OZAKI先生が二本目のワンカップをコンビニ袋の中に入れたまま割ってしまったことは、ここだけの話である。


 (了)


新丸子 もつ焼き「けんもつ屋」 すでに閉店・移転
住所 川崎市中原区新丸子町766
電話 044-733-0475
定休日 ?
営業時間 17:30~22:00/金、土、祝前日は17:30~23:00まで
交通 東急東横線新丸子駅下車徒歩3分



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」
 

コメント

新岳大典

Re: "けんもつ"よ!おまえもかっ!!
南武侍様

居酒屋探偵DAITENです。

> 久しぶりに"けんもつ屋"へお邪魔したところ、2013年1月にて立ち退きだそうです。移転先は決まっていないそうですが近くでまた営業したいとの事。また"灯"が消えて行きます……

残念ですね。新丸子の味わいあるお店がまた一つ・・・。

新岳大典

Re: けんもつ屋
南武侍様

居酒屋探偵DAITENです。

> かなり前、けんもつ屋に行った時、焼き台の前に居た“親父さん”は倒れられ、入院されたと言う話しを聞きました。

そうではないか・・・と考えておりました。
常連の皆さんでいっぱいの店内で、
親父さんは、どうされていますか?
と聞くことはとても出来ませんでした。
あまりにも皆さん楽しそうだしたから・・・。

> 最近知ったのですが、もつ焼きの“しょうゆ”焼きを頼めるそうです。

しょうゆ焼きというのは食べてみたいですね。

非公開コメント

新岳大典

新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。
http://izakaya.daitenkan.jp/
2018.1より上記のURLとなりました。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。
2011.7よりfacebook参加
https://www.facebook.com/daiten.aratake/

劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。

演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」
劇集団咲良舎公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式フェイスブックページ
ブログ「人間日和」
ブログ「楕円生活の方法」
等を運用中。

2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

FC2カウンター

地名タグ

↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

天王町 横浜 西横浜 保土ヶ谷 武蔵新田 新丸子 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 平沼橋 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

↑【新しく訪問した順番に表示されています】

ブログ内検索

居酒屋探偵団関連リンク

おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook

新岳大典作小説リンク

ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
「無料」で読めます。是非御一読ください。

月別アーカイブ

全記事表示リンク