FC2ブログ

戸越銀座「日本橋紅とん・戸越銀座店」

居酒屋探偵DAITENの生活  第47回  2007年10月25日(木) 【地域別】  【時間順】


戸越銀座 やきとん「日本橋紅とん・戸越銀座店」


  紅とん戸越銀座店外観    にほんブログ村 グルメブログへ ←「東京食べ歩き」参加。クリックお願いします!

 今日、SAKURAと待ち合わせたのは、東急池上線の戸越銀座駅のすぐそば、改札口から20メートルほどしか離れていない店、「日本橋紅とん・戸越銀座店」である。
 以前、SAKURAと一緒に代々木店に入ったことがあり、本稿の第25回でそのことは書いた。ここ「戸越銀座店」は今年の夏、7月25日に開店した。撤退したチェーン居酒屋「笑笑」の跡地への出店である。その後、何回か行ったことがあるがSAKURAとは初めての来店である。

 店に入るとSAKURAはアサヒプレミアム生ビール熟撰中瓶(580円)を飲み、エリンギ(150円)1本と銀杏(150円)2本を頼んでいた。中瓶にしては高いビールである。プレミアムブームにのって、売上アップの策に違いない。
 私は着席すると生ビール中(200円)を頼んだ。ちょうど、紅とんの「20店舗達成記念感謝祭」で、3日間だけ450円の生中が200円になっているのである。
 焼き物は、かしら(150円)とハラミ(150円)を頼み、セロリの浅漬け(240円)を追加した。

 外から店内がよく見える。入口を開けはなっているので入りやすい。入って左側の壁は奥に向けてテーブル席が4卓ほどある。右側にカウンター席が7席ほど、さらに右側には四人席が3卓ある。全部で30人位座ることが出来るだろうか。しかし、実は店の奥には暖簾で仕切られた広い空間があって、30人程が座れる客席があるのだ。7月の開店当初はそこで飲むことができたが、今は照明を落としてしまっている。大人数の客が入ってきた時だけ使うのだろうか。

 生ビールをすぐに飲んでしまい、次はホッピー氷なし(350円)である。ジョッキが冷えているか、店の女性に聞くと、冷えているという。やってきたホッピーは、ジョッキとホッピーは冷えていた。焼酎だけの状態で少し呑んでみたが冷えているように思える。やや3冷とでも言おうか。とりあえず合格に近い。ホッピージョッキではなくアサヒビールのジョッキであるのが惜しいところ。焼酎の量は下から3センチほど、私には少し多すぎるように思えたが、焼酎が多いことを喜ぶ皆さんにとっては、合格点に違いない。

 次のつまみは、ネギ盛り(300円)とタコワサ(300円)である。さらに、最後の飲み物として、私は黒ホッピー氷りなし(350円)、SAKURAはグラスワイン白(380円)を選んだ。青ネギを使ったネギ盛りは、おいしかった。酒のつまみとしては、これはアイデア勝負で勝ちである。

 ホッピーが350円という価格設定は正しい。サワーより焼酎の量を多くしたとしても、バーでもないのに居酒屋でホッピー500円などというのは間違っている。ところが、最近そういう店に出会うのである。ホッピーはベルギービールではない。ホッピーはホッピーとしての正しい姿があると私は思う。ホッピーは大衆の飲み物である。それを忘れたとしたら、その存在さえも危うくなるのではないだろうか。

 「紅とん」の焼き物は、肉のサイズはあまり大きくない。でも、味はおいしかった。メニューをよく見ると、飲み物の価格設定は安いがそれぞれの分量から見て食べ物は少し高めと言える。

 戸越銀座にはチェーン居酒屋や常連の為の割烹や小料理屋などはあるが「紅とん」のように、気軽に少しだけ寄るような店は少なかった。次々に居酒屋が出来ても、すぐにリニューアルしたり、撤退したりする居酒屋激戦区「戸越銀座」である。「紅とん」は是非生き残って欲しい店である。

 約1時間の滞在、二人でお勘定は3,450円であった。


戸越銀座「日本橋紅とん・戸越銀座店
東京都品川区平塚1-8-20 美和ビル1F
電話03-3785-0247
東急池上線戸越銀座駅 徒歩10秒
無休 営業時間 16:00~24:00

※以前は月曜定休だったものが現在は年末年始以外無休となっている。

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」


コメント

居酒屋探偵DAITEN

大丈夫です
ほうほう、ホッピー学校行ったのですね。すごいなあ。

大丈夫ですよ。
私の原理主義は一人で勝手にやっているもの。
ホッピーの飲み方なんて自由なんです。
ただ、最近ホッピーがメジャーになってきて、
チェーン居酒屋でも出しています。そうすると、
氷入りが当たり前、手抜きをして出す店も多くなる。
そうでなければ、一方では焼酎が濃すぎて、
ホッピーは危ないとか言われてしまう。
ホッピー好きとして、それが悲しいだけです。






ロザリー

ホッピー
そう言えば私、ホッピー学校でホッピーミーナから、ホッピーの飲み方を教わったことがあるわ。
でも忘れちゃった。ホッピー シーア派の方に怒られるわね。
http://www.b-shoku.jp/weblog/myblog/140/57598#57598
非公開コメント

新岳大典

新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。
http://izakaya.daitenkan.jp/
2018.1より上記のURLとなりました。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。
2011.7よりfacebook参加
https://www.facebook.com/daiten.aratake/
2019.10よりnoteにエッセイや小説など執筆開始。


劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。

演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」
劇集団咲良舎公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式フェイスブックページ
ブログ「人間日和」
ブログ「楕円生活の方法」
等を運用中。

2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。

 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

FC2カウンター

地名タグ

↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

神保町 和田町 天王町 星川 二俣川 桜木町 日ノ出町 野毛 上大岡 黄金町 阪東橋 西横浜 大口 横浜 元住吉 綱島 保土ヶ谷 武蔵新田 新丸子 西谷 菊名 蒲田 平沼橋 吉田町 所沢 自由が丘 雪谷大塚 藤沢 戸部 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 王子 十条 山下 豪徳寺 世田谷 深川 

↑【新しく訪問した順番に表示されています】

ブログ内検索

居酒屋探偵団関連リンク

おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook

新岳大典作小説リンク

ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
「無料」で読めます。是非御一読ください。

月別アーカイブ

全記事表示リンク