FC2ブログ

大崎広小路「一平」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第54回  2007年11月17日(土)     【地域別】  【時間順】


2010年冬 東急池上線大崎広小路駅高架耐震工事に伴い閉店


大崎広小路 居酒屋「一平」

  大崎広小路 居酒屋「一平」


    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→

 ちょっとした酒を伴う会合が戸越であり、その帰りにもう少し呑もうということになって、ASIMO君と向かったのは、前回、 「居酒屋探偵DAITENの生活 第53回」で紹介した、大衆料理「朝日屋」のちょうど裏手にある店、居酒屋「一平」である。

 外には大きな明るい看板などはない、店の前にキリンビールから提供された蛍光灯の入ったアクリル製の赤と白の看板に、素っ気なく「一平」と書かれているだけである。とにかく目立たない。
 その看板も斜め前に傾いて置かれている。ブロックか何かを下に置いて、まっすぐにしようという考えもないようである。無造作に外に出して、コンセントにつないだだけという感じで、遠くからよく見えるように置く気もないようである。

 店の外から見ると、入口は左右にある。中に入ると入口から奥に向けて、下駄の歯のように、2本のカウンターがあり、カウンターとカウンターの間が調理場になっている。客は調理場を間に挟んで向き合って座っているのである。調理場の一番奥に巨大な冷蔵庫があり、その上に大きなブラウン管テレビが乗っている。その冷蔵庫の後ろ側が狭い通路になっていて、右手奥のトイレへと続いている。二つのカウンターからカウンターに移動するには、一度外に出るか、この冷蔵庫の後ろの通路を通らなければならない。

 右側の入口から入ったカウンターに常連らしき客筋の人たちが数名呑んでいる。カウンターの奥の右側に四人掛けのテーブルがあるが、棚や様々なものがテーブルを囲んでしまっており、物置状態である。そのテーブルにも常連らしき人たちが座っている。どうやら、店に入って右側が常連さんエリアのようである。

 私たちは左側の入口から入って、左側のカウンターに座った。カウンターの上もまた、調味料や様々なものがあちらこちらに置かれている。
 店は地味で静かな女将さんが1人で切り盛りしている。大きな声を出す訳でもなければ、愛想が良い訳でもない。テレビの音量も女将さんの声に合わせたように小さい。5、6人の客が店内におり、何かしゃぺっているのだが、店全体は実に静かである。

 最初にレモンサワー(300円)を二つお願いした。普通にうまい。
 目の前でマグロのぶつが二つの小鉢にのせられ、とろろがかけられてゆく。「山かけ」である。ASIMO君が「つきだしでしょうか」と小声で言う。すぐに我々の目の前に出された。やはり「つきだし」であった。量もそこそこあってうまい。後で計算してみると値段は200円であった。これはよい。
 つまみは、色々な居酒屋で必ず頼むニラ玉(300円)と、餃子(280円)をお願いした。餃子は5つ程のっていてこの値段は安い。

 レモンサワーの次は、私はホッピーセット白(380円)を頼んだ。氷無しでお願いすると、ホッピーが冷えていないことを告げられた。焼酎も冷えていないことは、レモンサワーの時に解っていた。氷を2個だけ入れてもらうことにする。しかし、実際に出てきたホッピーを見て驚いた。ジョッキだけは、よく冷やしてあったのである。ジョッキのみの一冷というのには、あまり出会ったことがない。これなら氷は入れてもらわないでも済んだかもしれない。

 ニラ玉と餃子を食べた後は、小あじの南蛮づけ(150円)をもらう。調理場の女将さんや常連さんたちの様子を眺めていると、ただ酒を飲むのではなく、夕食を食べている人たちが多いことが解る。クリームシチューが鍋で作られており、それを御飯と一緒に出してもらっている人がいる。マグロとトロロとで、メニューに無いやまかけ丼を作ってもらっている人もいる。この常連さんたちにとって、この店は家庭料理を食べることの出来る貴重な場所に違いない。

 めざし(150円)とお新香(100円)をもらい、私は3杯目に再びレモンサワー(300円)を頼んだ。あと少し食べたい時、こんな安いつまみがあることがうれしい。ここは、独りで来るお客さんが多いのだなと改めて思う。女将さんがテーブル席に座って、客の1人に小さな声で意見をしている様子である。この目立たぬ小さな店で、毎夜、都会の孤独が癒されているのかもしれない。

 いつの間にか午後9時を過ぎていた。約1時間30分の滞在。 2人でお勘定は2,960円である。つきだし2人分、つまみ5品をとって、ドリンク5杯を呑み、1人当たり1,500円しないのである。本当に安い。
 「大崎広小路」には良い店が多い、ASIMO君のよく使う言葉を借りれば大崎広小路、恐るべし」である。


大崎広小路居酒屋「一平」看板

大崎広小路 居酒屋「一平」
住所 東京都品川区西五反田1-22-2 池上線ガード下
電話 03-3493-7730
交通 東急池上線大崎広小路駅徒歩1分


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

コメント

非公開コメント

新岳大典

新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。
http://izakaya.daitenkan.jp/
2018.1より上記のURLとなりました。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。
2011.7よりfacebook参加
https://www.facebook.com/daiten.aratake/
2019.10よりnoteにエッセイや小説など執筆開始。


劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。

演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」
劇集団咲良舎公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式フェイスブックページ
ブログ「人間日和」
ブログ「楕円生活の方法」
等を運用中。

2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。

 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

FC2カウンター

地名タグ

↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

神保町 和田町 天王町 星川 横浜 二俣川 桜木町 日ノ出町 野毛 上大岡 黄金町 阪東橋 西横浜 大口 元住吉 綱島 保土ヶ谷 武蔵新田 新丸子 西谷 菊名 蒲田 平沼橋 吉田町 所沢 自由が丘 雪谷大塚 藤沢 戸部 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 王子 十条 山下 豪徳寺 世田谷 深川 

↑【新しく訪問した順番に表示されています】

ブログ内検索

居酒屋探偵団関連リンク

おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook

新岳大典作小説リンク

ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
「無料」で読めます。是非御一読ください。

月別アーカイブ

全記事表示リンク