FC2ブログ

五反田 焼きとん酒場「かね将」第2回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第538回 2013年12月6日(金) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】




五反田 焼きとん酒場「かね将」 第2回

  ~ 思わぬ店舗拡張 ~

 
 

 
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→


 第477回の記事にも書いた通り、咲良舎を音響・音楽の面で支えてくれたのは寿島宅弥氏である。その寿島宅弥氏が東京に仕事で来るということで、急遽、SAKURAと3人で会うことになった。
 しかし、SAKURAは夜の稽古があり、まずは、寿島宅弥氏と五反田駅東口前で待ち合わせすることになった。

 待ち合わせは午後8時45分。五反田地域はあまり馴染みが無いとのことで、まずは案内するつもりで東口のロータリーを渡り、東口の有楽街に足を踏み入れる。呼び込みの方々を避け、まずのぞいてみたのは祐天寺にある同名の名店とは、実は異なる経営となる某もつやき店。表に並ぶ方々がいるので、混んでいるのかと思い、中を覗くと何故かカウンター席がたくさん空いている。席は空いているが汚れた皿やグラスが放置してあって、どうやらかたづけが追いつかないのかもしれない。列に並ぶ気持ちも失せて五反田案内を続けることにした。

 斜め前には、角打ちの名店があり、中を覗いてみると混み合う様子に寿島氏は驚いていた。

 次に目差したのは、右手のJR山手線の五反田駅の西北側、東興ホテルの裏側辺りである。
 五反田駅北側の大ガードを東口側から西口側へくぐり。桜田通りを渡って、東興ホテルの右側を進む。一軒一軒寿島氏にお店を紹介しながら次の左角まで行った。

 そこで驚かされたのであった。
前回の時は、角を左に曲がって2軒目の場所にある店舗だけであった。それが角地の部分もお店となっていたのである。

  店舗拡張した「かね将」

 燃えるような赤い色のテントが異彩を放つお店、焼きとん酒場「かね将」さんである。
 拡張した角の部分の側のお店には室外の席も設けてあり、すでに店内も店外も満席の状態であった。
 午後9時を回って満席状態というのは凄い。混み合うという点では五反田でも一番かもしれない。
 しかし、お店の方がテキパキと気持ちよく誘導してくれる。
 
 古い側のお店の入口を開けて、中をのぞく。すると、やはり、お店の方が満席の店内の中に空き席を見つけて、「こちらへ」と言われる。五人席に三人の方々が座っている奥側に侵入する。

 まずは、生ビール(500円)を2杯もらい、同時に煮込み(380円)も2つもらった。焼き物は、レバーなんこつテッポウを2本づつ頼む。

 煙草の煙と喧噪の中で、寿島氏の話を聞く。なにやら、黒沢映画とか日活映画に出てくる戦後闇市の酒場にいるような気がしてくるのである。
 思わぬ店舗拡張で外席も出来ていた。秋の夕暮れ時に外席で呑むのも楽しいかもしれない。

 そろそろ、SAKURAからのメールが入るかもしれない。
 3人で座れるお店に移動することにした。

 午後9時15分から9時30分まで45分ほどの滞在。お勘定は2人で2,260円であった。

 外に出ると、五反田の街を再び彷徨うことになった。とりあえず、次の店は頭にある。
 周辺をぐるぐると歩いてみた。ただ、寿島宅弥氏に五反田をもっと見せたかったのである。


 (つづく)


五反田 焼きとん酒場「かね将」
住所 東京都品川区西五反田2-6-1
電話 03-3495-4677
定休日 年中無休
営業時間 16:30~23:30
交通 JR五反田駅下車徒歩3分。



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE
五反田

Comments 2

新岳大典

Re: 五反田!

QT鈴木様

居酒屋探偵DAITENこと新岳大典です。
コメントありがとうございます。

> 何年か前(日ハム優勝ぐらいの年)
> ここで友達と日本シリーズを見た記憶があります
> 店の人はもちろんの事、お客さんの一体感たるや
> 味以上の何かを得て店をあとにした記憶があります

ある居酒屋で飲んでいた時、テレビの相撲中継を見ていました。
いつもの流れならすぐに終わってしまうと思われる取組でした。
それは、高見盛と横綱朝青龍の試合でした。
ところが、驚くべきことが起きたのです。
高見盛が絶対的横綱朝青龍を倒したのです。
この時の店内の盛り上がりも凄かった。
テーブルの椅子席の店でしたが、あれば座布団が飛び交う勢いでしたね。
全国の居酒屋で同じことが起きたことでしょう。

今後ともよろしくお願いします。

  • 2013-12-27 (Fri) 15:18
  • REPLY
QT鈴木

五反田!

何年か前(日ハム優勝ぐらいの年)
ここで友達と日本シリーズを見た記憶があります
店の人はもちろんの事、お客さんの一体感たるや
味以上の何かを得て店をあとにした記憶があります

や、ちゃんとつくねの美味さは心に刻まれておりますけどね

  • 2013-12-27 (Fri) 04:05
  • REPLY