FC2ブログ

新丸子「三ちゃん食堂」

居酒屋探偵DAITENの生活 第59回  2007年12月23日(日)   【地域別】  【時間順】



新丸子「三ちゃん食堂」

   新丸子三ちゃん食堂外観 
   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。


 日曜日の午後である。SAKURAは東急東横線の大倉山で稽古があり、その稽古が終わるまでの間、私は同じく東急東横線の新丸子周辺を散策することにした。まずは駅近くで床屋に入った。それでもSAKURAの用事が終わる5時まで時間がずいぶんあった。
 新丸子の街を散策して、日曜日でもやっている居酒屋は無いか探して歩いた。実は最初に思いついた店はちゃんとあった。しかし、他にもつ焼き屋などは無いか探したかったのである。開店時間まで間があることは解っていたが「けんもつ屋」の前まで行ってみた。昨日の日付で特別に休みであるという張り紙が貼ってあった。

 ずいぶん歩いてみたが、日曜日の早い時間にやっている店はなかった。そこで、当初思いついた店に行ってみることにした。その店は、新丸子駅から3分程の裏通りにある。外観は一般的に「ラーメン屋さん」と呼ばれる、中華料理店である。入口には赤い暖簾がかかっており、「中華料理」と書かれている。この暖簾を見れば、ビールを飲みながら餃子と野菜炒めという飲み方しか思いつかない。店の名は「三ちゃん食堂」という。この店名からすると、単なる定食屋さんである。しかし、中に入ってみるとまったく違っていた。

 「中華料理」と書かれた暖簾をくぐって中に入って驚いた。予想を遙かに超えて広いのである。天井が高めで真四角の空間である。手前から奥にかけて4人掛けのテーブルが5個一列隙間無く置かれている。それが三列並んでいるのだ。一番奥の右側には7、8人が座れるカウンター席がある。全部で70人は座れるだろうか。カウンター席の左には厨房の配膳口が開いており、その前に店の女性が4人ほど客席側に向いて立っている。その左はレジである。広い店内はすでに半分ほどの客で埋まっている。客の様子を見ると、普通の中華料理屋の雰囲気ではない。日曜日とはいえ、酒を呑んでいる客の数が多いことはすぐに解った。

 見渡すと店内はグループ客が多い。今日は一人だったので、奥のカウンター席に座ることにする。カウンターに座り、目の前に貼られたメニューを見渡す。刺身から煮込み、揚げ物、煮物類が豊富である。刺身の種類は10種類ほどが用意されている。これは完全に「居酒屋」ではないか。

 まずは、モツの煮込み(300円)とレモンサワー(350円)を頼んだ。
 素早く運ばれた煮込みをつつき、レモンサワーを飲む。モツの量も多く、野菜も入っていて良いつまみになる。女性たちの対応は素早い、常に店内を見渡しており、誰かが手をあげるとすぐに飛んでゆく。戻ってくると、素早く厨房に向かって注文の品を伝える。次から次に伝えられる注文。伝票のようなものに女性たちが書く様子もない。どうやら、女将さんらしき女性が見ていて、レジ脇のメモに記入してゆくようである。厨房脇のレジの位置から店全体を見渡すことの出来るという、この店の構造があって初めて出来る技に違いない。「よく間違わないものである」と感心してしまった。

 次に、ホーレン草ごまあえ(180円)とキリン一番搾りスタウト黒生ビール小瓶(400円)を頼んだ。
 メニューを改めてながめてみた。中華メニューも普通にきつんと存在する。驚くべきはその安さである。今時、ラーメンが350円であり、餃子220円、チャーハン450円である。8割の席が埋まっている店内を見渡し、改めて、これは混むはずであると納得した。

 さらに、あじ刺し(500円)と抹茶ウーロン(350円)を頼んだ。抹茶ウーロンはやや甘い味。若者向きに考えた商品かもしれない。あじは新鮮であり、おおぶりの切り身が十切れはついてきた。生姜がたくさん添えられていた。生姜好きとしては、とてもうれしい。

 家族連れから若いグループ客、中高年の一人客まで、実に幅の広い客層である。平日の夜はサラリーマンも多いに違いない。
 この店は、本当に客をきちんと見ている。やがて、常連らしき杖をついた老人が入口近くの寒い席に座った。すると、女将さんがそれを見ていて、レジから素早くその席まで行って、老人を一番奥の暖かい席に連れていった。温かみのある対応のできない、大手チェーン居酒屋の店員に見せてやりたいと思う。この店がこのあたりで有名店であり、繁盛している理由が解ったような気がした。

 午後3時40分から4時40分まで、約1時間の滞在で、お勘定は2,130円。昼間から酒を呑みたいと思った時、そして、お腹が空いている時、実に助かる店である。今度、若いメンバーを連れて来てみよう。みんな驚くかもしれない。

 少し酔いを覚ます為、新丸子駅の改札を入った後、駅の中の売店でボルヴィックを買った。最近は、はしご酒の途中で水を飲むようにしている。良い傾向であると思う。

 (つづく)

新丸子三ちゃん食堂看板

新丸子 三ちゃん食堂
住所 神奈川県川崎市中原区新丸子733
電話 044-722-2863
定休 水曜日
営業時間 12:00~20:00
交通 東急東横線新丸子駅西口徒歩3分


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

コメント

非公開コメント

新岳大典

新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。
http://izakaya.daitenkan.jp/
2018.1より上記のURLとなりました。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。
2011.7よりfacebook参加
https://www.facebook.com/daiten.aratake/
2019.10よりnoteにエッセイや小説など執筆開始。


劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。

演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」
劇集団咲良舎公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式フェイスブックページ
ブログ「人間日和」
ブログ「楕円生活の方法」
等を運用中。

2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。

 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

FC2カウンター

地名タグ

↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

神保町 和田町 天王町 星川 横浜 二俣川 桜木町 日ノ出町 野毛 上大岡 黄金町 阪東橋 西横浜 大口 元住吉 綱島 保土ヶ谷 武蔵新田 新丸子 西谷 菊名 蒲田 平沼橋 吉田町 所沢 自由が丘 雪谷大塚 藤沢 戸部 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 王子 十条 山下 豪徳寺 世田谷 深川 

↑【新しく訪問した順番に表示されています】

ブログ内検索

居酒屋探偵団関連リンク

おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook

新岳大典作小説リンク

ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
「無料」で読めます。是非御一読ください。

月別アーカイブ

全記事表示リンク