FC2ブログ

元住吉 串焼「かとりや」

居酒屋探偵DAITENの生活 第63回   2007年12月29日(土) 【地域別】  【時間順】



元住吉 串焼「かとりや」

   元住吉「かとりや」外観   にほんブログ村 グルメブログへ ←「東京食べ歩き」参加中。

 年末の土曜の夕方、SAKURAと下車したのは東急東横線の元住吉駅である。
東急東横線沿線で川崎市内の駅は、新丸子、武蔵小杉、元住吉の3駅である。どの街も物価が安く庶民的な街である。
 元住吉で降りた最初の理由は、「吉田類の酒場放浪記」で紹介された別の居酒屋さんへ行く為であった。しかし、その店に行くと満席であった。仕方なく少し周囲を歩いて違う店を探してみることにした。ところが良い店はあっけなくも簡単に見つかった。
 その店は元住吉駅のすぐ近くである。改札を出て、左方向に行き、長いエスカレーターを降りる。エスカレーターを降りると「ブレーメン通り商店街」である。左に曲がり、商店街をの二つ目の十字路を右に曲がり、少し歩くと左手にその店はある。

 店の表には紺色に赤い文字で「串焼 かとりや」と書いてある。中をのぞくとたくさんのお客さんでにぎわっている。カウンター席の右端が2席だけ空いていたので入ることにした。
 入ってすぐ目の前にL字カウンターがある。席数は14席、満席である。カウンターの左側に4人掛けのテーブル席が3つ、計12席。テーブル席の向こう側には低い壁があり、その向こうに座敷席が見える。座敷席が4人掛けが6卓で計24席。総席数は50席である。思いの外、大きな店であった。

 メニューを見て、瓶ビール大(540円)を注文した。サッポロ赤星だったのである。
つきだしはシラス大根おろしである。つまみは、煮込み(400円)、厚揚げ(250円)を頼む。焼き物は、とり(90円)、かしら(90円)、レバー(90円)を各1本を塩でお願いする。ギンナン(130円)も2本頼んだ。

 煮込みは量、味とも満足のゆくものであった。厚揚げを頼むお客さんが多いのは、自由が丘の「かとりや」を思わせる。
 やがて、焼き物がやってきた。からしと辛味噌がついている。自家製の辛味噌であるらしい。塩は天然岩塩を使用しているという。肉が大きく、これで90円は安いと思った。

 いか刺し(380円)と、サッポロ赤星を追加する。いか刺しは大きかった。新鮮である。
 「○○○やま~」との言葉が飛ぶ。つまり、どんどん品物が売切れになってゆくのである。そして、どんどん客が来店する。本当に盛況である。
 先ほどから、次々にお客さんが来店され、皆断られている。カウンターとテーブルは満席。座敷に少し空きがあるがどうやら予約が入っているらしい。皆、残念そうに帰ってゆく。
 隣の席の5人組のお客さんの1人が焼き台前の店員の方に、「毎日こんなに混むの?」と聞く。すると、「毎日こんなだったら蔵がたっちゃいますよ」と、定番の答えが帰ってくる。

 先ほどから、丁寧にゆっくりと焼かれている「白いもの」がずっと気になっていた。焼きおにぎりである。サイズが大きく、実にうまそうなのである。焼きおにぎり2個味噌汁付(330円)である。今日は帰ってから夕食なので我慢したが、次回は必ず食べたいと思う一品である。

 さて、時間はすぐにたってしまう。1時間ほどの滞在であった。お勘定をお願いする。
2,940円である。安い。
 外に出て、外観と看板の写真を撮ろうとしてポケットを探った。無い。店内に忘れたのでとあった。急いで店内に戻ると、焼き台の店員さんが微笑みながらこちらを見ている。その手には私の携帯電話があった。画面が開いてあったのであきらかに読まれたようである。「お勘定2,940円、安い」という部分を読まれたに違いない。外に出て、外観と看板の写真を撮影をして急いで立ち去る。ちょっと恥ずかしい。


元住吉「かとりや」看板

元住吉 「かとりや 元住吉店」
住所 神奈川県川崎市中原区木月1丁目24-1
電話 044-411-6178
定休日 日曜
営業時間 17:00~23:00
交通 東急東横線元住吉駅徒歩1分


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」





コメント

居酒屋探偵DAITEN

おかみさんではないのですが。
元住吉には、この「かとりや」だけではなく、
記事の中でも書いた吉田類さん来訪の
名店もあります。
その他、私が認めるよい店があと二軒あります。
川崎は本当によいなあ。
本日、川崎を一人で探訪してきました。
正月でまだ店が開いておらず、
実際にはどこにも入りませんでした。
しかし、実はもつ焼きの良い店があり、
近日紹介します。

さて、コメントの中のおかみさんは間違いで、
実際には男性の店員さんです。
その人の気配りが凄いのです。
やっぱり居酒屋は人ですね。
明日待ってます。よろしく。

創間元哉

あけましておめでとうございます!
元住吉の名店。ブログを見て立ち寄りたくなりました。

ちょっとしたミステイクも、何だか暖かいエピソードになったりして、おかみさんのやさしさとDAITENさんの焦りがにじみ出てきて面白いです。

本年もどうそ、創間をよろしくお願いいたします。
今年もホッピーがうまい年でありますよう。
非公開コメント

新岳大典

新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。
http://izakaya.daitenkan.jp/
2018.1より上記のURLとなりました。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。
2011.7よりfacebook参加
https://www.facebook.com/daiten.aratake/

劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。

演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」
劇集団咲良舎公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式サイト
かたびら・スペース・しばた。公式フェイスブックページ
ブログ「人間日和」
ブログ「楕円生活の方法」
等を運用中。

2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

FC2カウンター

地名タグ

↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

天王町 西横浜 保土ヶ谷 武蔵新田 新丸子 横浜 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 平沼橋 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

↑【新しく訪問した順番に表示されています】

ブログ内検索

居酒屋探偵団関連リンク

おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook

新岳大典作小説リンク

ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
「無料」で読めます。是非御一読ください。

月別アーカイブ

全記事表示リンク